西野監督が明示した"スタメン"と"サブ"の区分け…W杯初戦のメンバーはガーナ戦とほぼ同じだ

カテゴリ:日本代表

佐藤俊

2018年05月31日

ガンバ大阪時代のやり方に変化がなければ、4日前にはガーナ戦のスタメンをほぼ固めていたはずだ

西野監督は気配りを欠かさない。今回スタメン落ちした主力の岡崎慎司や香川真司には何かしらの説明があっただろう。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ガーナ戦の収穫―――。
 
 まずロシア・ワールドカップ初戦のコロンビア戦を戦うメンバーが見えたことだろう。
 
 西野朗監督は、合宿メンバーを決めた時から大枠でスタメンのメンバーを考えていたはずだ。実際、本大会まで時間がないので合宿では主力をある程度、固めて戦術を落とし込んでいった。トレーニングをしていく中で若干メンバーの変更はあっただろうが、実戦的な練習では思い描いていた選手を各ポジションに配置した。原口元気の右ウイングバックなど、随分前から考えていなければパっとあのポジションには置かない。
 
 ガンバ大阪時代は試合の3、4日前にはスタメンを決めていた。そのやり方に変化がなければ、おそらく実戦練習をした頃にはガーナ戦のスタメンをほぼ固めていたはずだ。
 
 スタメン落ちした主力選手には、西野監督からひと言あったと思われる。ガンバでも主力選手、たとえば宮本恒靖や山口智をスタメンから外した時、必ず事前に話をしていた。そういう気配りを欠かさない監督なので、今回スタメン落ちした主力の岡崎慎司や香川真司には何かしらの説明があっただろう。試合には0-2で敗れたが、このガーナ戦のスタメンが、基本的にコロンビア戦のファーストチョイスであることはほぼ間違いない。
 
 また、ガーナ戦でスタメンが明らかになったことで、選手にレギュラーとサブの区分けを明確に示したことになる。大会前にして、あなたはレギュラーです、君はサブですという残酷な判断がされたということだ。もっとも合宿でトレーニングをしている時から選手であれば自分がどういう立ち位置なのか、だいたいは察することができていたはずだ。それがガーナ戦で現実的に誰の目にも分かる形で披露されたわけだ。
 
 これからサブ組は覚悟を決めなければならない。
 
 レギュラー組の練習パートナーとして、ある時は仮想コロンビア、ある時は仮想セネガルになり、少しでも相手のことを掴んでもらうために相手の特徴を反映したプレーで練習相手となる。そうして献身的にレギュラー組をサポートしならなければならない。もちろん納得がいかない選手もいるだろう。だが、サブ組がまとまらなければチームが一枚岩になって戦うことはむずかしい。サブ組がまとまらずにチームが崩壊したドイツ大会の過ちを繰り返してはいけないのだ。
 
【関連記事】
【ガーナ戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、釜本邦茂、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、PHOTOギャラリーetc.
【西野ジャパンの最新序列】山口の株が暴落。長谷部のボランチ復帰も…
【松木安太郎】やっぱり日本代表は”我慢”するしかない!3ボランチも視野に入れるべきだ
【直前予想】運命のメンバー発表。ガーナ戦を受け、エントリーされる23人は?
金田喜稔がガーナ戦を斬る!「方向性はほぼ見えた…守るしかないよ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ