「無気力なサムライ」「2点差でラッキー」衝撃2連敗の西野ジャパンを韓国メディアが酷評

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2018年06月09日

「攻撃の精密さがあまりに足りなかった」と指摘するメディアも

2失点を喫し、攻撃も不発。スイス戦は不安ばかりが募る内容だった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 6月8日にアウェーで行なわれたスイスとの親善試合に0-2で敗れた日本。この結果は、韓国でも報じられている。
 
「“無気力なサムライ”日本、スイスとの親善試合に0-2で敗れる」(『スポーツトゥデイ』)
「日本、欧州での初のテストマッチでスイスに0-2完敗」(『news1』)
「日本、スイスに0-2で敗戦…西野ジャパン発足後、衝撃の2連敗」(『OSEN』)
 
 といった具合だが、ロシア・ワールドカップ直前のテストマッチで結果を残せていないことに触れるメディアが多い。
 
 例えば、『スポーツ・ソウル』は、「日本Aマッチ3連敗で低迷…監督交代後も勝てず」と報じている。「日本が低迷に陥った。不安を抱えるままワールドカップの準備を進めている」と切り出した記事では、3月のウクライナ戦(1-2)も含めると日本は3連敗中であると紹介。急きょ監督を交代したことについて「無理のある交代を強行した」としながら、「少なくとも最近のAマッチの成績を見る限り、日本の歩みは不安だ」と伝えていた。
 
 直近の2戦で1分け1敗と勝てていない韓国と並べて、日本が置かれた状況について報じるメディアもあった。「韓国と似ている日本、ガーナに撲殺され、またしても…」とヘッドラインを置いたのは『SPORTSQ』だ。
 
 記事は、「日本がガーナに続いてスイスにも木っ端みじんにされた」としながら、「日本も韓国と同じぐらい悩みが多い」と報じた。さらに、韓国がスウェーデン、メキシコ、ドイツと同じF組に入ったことと比較し、「日本は韓国よりもマシな組に入ったように見えた」と振り返りつつ、ガーナとスイスに敗れたことで「暗雲が立ち込めている」と綴っている。
 
 一方、この日の試合内容について報じるメディアもあった。特に、攻撃が機能しなかったと伝えるメディアが目立っている印象だ。
 
『SPOTVNEWS』は、「“監督交代”の超強手も無意味…日本のワールドカップは険しい」とした記事で、ガーナ戦でテストした3バックが不発だったことを振り返りながら、スイス戦で採用した4-2-3-1についても言及。「もっとも頻繁に使われてきたフォーメーション」と前置きしつつ、「それでも大きな効果は見られなかった」と報じた。さらに、「一応、自陣ではボールを回せていた」「中盤までもボールを運べていた」としながらも、「問題は、得点につなげるには攻撃の精密さがあまりに足りなかったことだ」と指摘している。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ