【W杯】コロンビア人記者に訊く日本代表評――「注意すべきは攻守の鍵を握るハセベ」

カテゴリ:国際大会

ファビアン・ロッソ

2018年06月01日

日本をどう評価しているのか?

日本が初戦で対戦するコロンビアは、ハメス(左)やファルカオ(中)など、各ポジションに一流のタレントを置くだけでなく、チームとしての完成度も高い。(C)Getty Images

画像を見る

 日本は開幕2か月前に監督を交代した。その影響はコロンビアにとっても小さくない。常に慎重なホセ・ペケルマン監督は、初戦で当たる日本への対策を十分に練ってきたはずで、それがいったんリセットされてしまったからだ。

 とはいえ、本番までの準備期間が短いことを考えると、軸となる選手は大きくは変わらず、戦術やスタイルにも劇的な変化はないはずだ。我々コロンビアのメディアは、概ねそう捉えている。
 
 前回大会を知る本田圭佑や長友佑都、酒井宏樹といった経験値の高い選手たちは、ピッチ内外で安定をもたらすだろう。最近は序列が下がっている岡崎慎司も、大舞台で何かをやってのける雰囲気を持った選手で、嫌な相手だ。

 とりわけ警戒が必要なのは、長谷部誠だ。ドイツで着実に力をつけ、リーダーシップにも磨きがかかっているMFは、攻撃の起点となるパスが正確で、決定機を作り出せる。キャプテンとしてチームをまとめ、ピッチでは攻守の鍵を握る存在であることは間違いない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ