もはや一介のルーキーではない! 横浜の18歳山田康太が見せた決断力と強心臓ぶり

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2018年05月20日

全然練習していないFK。「ボールのところに行ったらどうなるかな」

横浜のルーキー山田は、2ゴールに絡む活躍を見せた。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ15節]横浜 5-2 長崎/5月19日/日産ス

 60分、ハーフウェーライン付近の右サイド寄りで山田康太が相手にプレッシャーをかけてボール奪取に成功。高いインテンシティでの二度追いが奏功し、横浜がショートカウンター気味に長崎陣内へ入っていく。

 前方にスペースを見つけた山田は迷わず突進。追いすがる長崎DFを振り切ってペナルティエリアに侵入すると、ゴール前のウーゴ・ヴィエイラや仲川輝人へのパスではなく、シュートを選択する。これがDFに当たってゴール前にこぼれ、仲川の同点ゴールを呼び込んだ。

 リーグ戦で初めて得点に関与したシーンについて「監督は早めのクロスを要求することが多いけど、あの場面はもう一つボールを持ち出していったことがゴールにつながった。結果オーライだと思う」とニヤリ。自身の判断を形として結びつけたことに大きな価値がある。

 山田はチーム4点目にも絡んだ。左サイドで獲得した直接FKの場面で、セットされたボールの近くには今季ここまでに直接FKで2得点している天野純と強烈な左足に定評のある山中亮輔がいた。しかし、ボールを蹴ったのはどちらでもなく、ルーキーの背番号38。シュートは壁に弾かれたが、こぼれ球を拾った扇原貴宏が左足で決める。「全然練習していなかったけど、自分がボールのところに行ったらどうなるかなと思って行ってみた」と茶目っ気たっぷりに笑うのだから恐れ入る。そんな物怖じしない強心臓ぶりも大きな魅力だ。
 
 山田にとって、この試合はリーグ戦3試合目の先発だった。過去2試合はいずれも右サイドバックという不慣れな位置での起用で、攻撃性能をフルに発揮するには至らなかった。それでも身体を張った粘り強い守備で、鹿島相手に3-0の完封勝利に貢献。守備リーダーの中澤佑二が「DFとして守備を第一に考えてプレーしてくれた」と賛辞を送るパフォーマンスを見せている。

 そして今節の長崎戦である。3日前のルヴァンカップ・新潟戦で本職のインサイドハーフとしてプレーし、その試合で喜田拓也が右足首を負傷。喜田が欠場となり、ルーキーにとっては、中断前最後の試合で願ってもないチャンスがめぐってきた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ