横浜がホーム日産スで5発!! 長崎との白熱の撃ち合いを制し逆転勝ち!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月19日

二度先行されるもすぐさま追いつく

仲川が2ゴールをマーク。逆転勝利に大きく貢献した。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは5月19日、日産スタジアムで横浜F・マリノス対V・ファーレン長崎の一戦が行なわれ、横浜が5対2で勝利を収めた。

 試合は立ち上がり、アウェーの長崎がスコアを動かす。13分、こぼれ球を拾った左サイドの中村慶太が間髪入れずにグラウンダーのクロスを入れると、これをファンマが右足で押し込み、長崎が先制する。

 しかし横浜もすぐさま反撃。21分には遠藤渓太がペナルティエリア内で倒されPKを獲得。これを大津祐樹が冷静に沈めて試合は振り出しに。

 1-1で迎えた後半も序盤から点の取り合いとなる。47分にカウンターから澤田崇、翁長聖とつなぎ、ファンマの放ったフィニッシュはGK飯倉大樹に阻まれたものの、こぼれ球を中村が押し込んで、長崎が勝ち越しに成功する。

 しかし、横浜も60分、ルーキー山田康太が中盤でボールを奪い、そのまま持ち上がり、中央へ折り返し。このこぼれ球を仲川輝人が蹴り込んで、横浜が同点とする。

 さらに67分、敵陣に押し込んだ横浜は仲川がゴール正面から左足の鋭いシュートを突き刺し、ついに逆転に成功。横浜はその後もセットプレーから扇原貴宏、ミロシュ・デゲネクが追加点を決める。

 試合は5対2でタイムアップ。横浜が白熱の撃ち合いを逆転で制し、勝点を17にのばした。一方の長崎は、同17にとどまっている。

【横浜 5-2 長崎PHOTO】2度のリードを許すも横浜が大量5得点を奪って逆転勝利を飾る
【関連記事】
"ビッグ3"の日本代表入りに韓国メディアも注目!「ハリルは見向きもしなかったが…」
「当落線上にいた大物が…」「Jリーグ組が10人」海外メディアから西野ジャパンの“人選”に驚きの声
【日本代表勢力図】高校勢とクラブ勢の出身比率、Jリーグ発足25年でどう変化?
【横浜】4度目の“ガラ空き被弾”……なぜGK飯倉大樹はそこまでして前に出るのか?
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月19日発売
    欧州ビッグクラブ
    「強化戦略2023」
    アルゼンチン代表特集に
    キング・ペレ追悼企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ