降格はしたけれど…ハンブルク伊藤達哉にスケールアップの予感が漂うワケ

カテゴリ:海外日本人

了戒美子

2018年05月16日

決勝ゴールをアシストするも、時すでに遅し…

最終戦で伊藤はゴールを演出したものの、ハンブルクの降格は免れなかった。(C) Getty Images

画像を見る

 ブンデスリーガ1部残留を懸けた最終戦。降格圏の17位・ハンブルクはボルシアMGに勝利したものの、勝点2差で上を行く16位のヴォルフスブルクも勝利したため、クラブ史上初の2部降格が決まってしまった。酒井高徳と伊藤達哉はそろってフル出場し、それぞれ見せ場も作ったが時すでに遅し、だった。

 この試合は一旦追いつかれたあとにハンブルクが勝ち越したのだが、そのルイス・ホルトビーの決勝ゴールをアシストしたのが伊藤だった。63分、左サイドでボールを受けると、ペナルティエリア内からマイナスのパス。これをホルトビーが左足ダイレクトで決めた。 今季、ブンデスリーガ公式によれば伊藤は、これを含め2アシストしておりその両方ともホルトビーのゴールだ。

 ちなみにキッカー誌のカウントによれば伊藤のアシスト数は4で、ひとつは29節・シャルケ戦の52分、左からドリブル突破し二人のディフェンダーをかわしてラストパス。ホルトビーのシュートは相手ディフェンダーにあたり、それをもう一度押し込んだため公式ではアシストにはカウントされなかった、というもの。もうひとつは32節・ヴォルフスブルク戦の43分にPKを獲得したもので、キッカー誌はPK獲得もアシストにカウントするのだ。

 公式サイトによる、もうひとつのアシストは、やはり32節のヴォルフスブルク戦だった。立ち上がりから、ボールを受ければたびたび仕掛ける伊藤が、敵陣アタッキングサードでのドリブル突破を印象づける。だが後半アディショナルタイム、左サイドでいつものようにパスを受けると、ペナルティエリアに入ることなく、簡単に速いクロスを入れた。これを走り込んだホルトビーが、頭で合わせてネットを揺らした。ホルトビーとの連係は練習から意識していたのだという。

「あの形が好きで何回かチャレンジはしていたんですけど、ボールが上手くいかなかったり相手に当たっちゃったり、味方につながらなかったりだったんです。でも、試合であの状況で得点につながったので良かったです。決めたホルトビーにも『エンドリッヒ』ってドイツ語で『やっとだよ』みたいな意味なんですけど。『お前のボール、やっとこの形で決められたよ』って言われました」
 
【関連記事】
【ブンデス日本人の現地評】伊藤達哉は降格で涙に暮れるも全国紙で3度目のベスト11入り!
デュッセルドルフに咲いた二輪の花…宇佐美貴史と原口元気、日本代表デュオはいかにして復活を遂げたのか
大迫勇也が約8億円でブレーメン移籍へ! 独メディアがメディカルチェック通過を報じる
サウサンプトン残留の背景にあった変革と、その中心にいた「素晴らしい男」吉田麻也
酒井宏樹に強力ライバル出現か!? ユベントスの熟練SBにマルセイユ行きの噂が…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ