【セルジオ越後】“ハリル騒動”の原因を追究しなければ同じ過ちを繰り返すだけだ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2018年05月10日

解任に至った理由は謎のままだ

会見に臨んだハリルホジッチ監督。だが、知りたかった解任の経緯は明らかにならなかった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本サッカー協会から契約解除を言い渡されたハリルホジッチが再来日し、4月27日に記者会見を行なったね。1時間半にも及ぶ会見だったけど、彼は周りの制止を意に介さず、自分の言いたいことを口にし続けた。そのせいで質疑応答の時間は限られ、さながら“独演会”のようだった。
 
 ハリルホジッチとしては、次の仕事を見つけるためにイメージの回復を狙ったのだろう。結局、新たな真実は明かされず、なぜ解任に至ったのか、原因は謎のままだった。
 
 改めて今回の騒動が起こった原因は、日本サッカー協会が明確な解任理由を示さなかったところにある。田嶋会長は「監督と選手のコミュニケーション、信頼関係が薄れてきた」「ワールドカップで勝つ確率を1パーセントでも上げるため」と語っていたが、どれもあやふやな印象だ。ハリルホジッチが「なぜ?」と疑問を感じたのも当然だ。自らの会見でも「私と選手の間でコミュニケーションの問題はなかったと理解していた」と話していた。
 
 例えば成績不振で監督をクビにするのは当たり前だ。もし拙いパフォーマンスに終わったマリ戦とウクライナ戦のあとにロッカールームで、「こんな戦い方をしているようだったらワールドカップでチームを預けられない」と伝えていたら、ハリルホジッチも渋々、納得したのではないだろうか。
 
 しかし田嶋会長がハリルホジッチに直接、解任を言い渡したのは欧州遠征が終わってから13日後だった。その間に様々な人物と相談したというが、どんなやり取りがあったのか。誰に何を言われたのか、そこが一番気になるところだけど、説明されることはもうないんだろうね。

 今後、日本サッカー協会が公の場でこの問題について話すことはないだろうし、うやむやのまま時は過ぎていくはずだ。ただ、貴重な時間を無駄にし、付け焼き刃の準備でワールドカップに臨むことになった責任は誰が取るのか。反省をしないまま前に進んでも、次の4年間で同じことを繰り返すだけだ。
 
【関連記事】
イニエスタが「史上最高給のJリーガー」に? ヴィッセル神戸の提示額が破格すぎる!
帰国中のポドルスキが独メディアで古巣復帰の可能性を示唆「ケルンのユニホームをもう一度着たい」
F・トーレス争奪戦にサガン鳥栖が参戦!? スペイン紙が「年俸400万ユーロを用意」と報じる
【セルジオ越後】コーチに森保? 表情が冴えない西野新監督はひとりで戦うのが不安なのか
【セルジオ越後】なぜ後任が西野監督なのか?理由は謎だし、理解できない

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ