"多摩川クラシコ"はセットプレー2発でFC東京に軍配!川崎は無得点でリーグ2連敗

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月05日

FC東京はリーグトップの21得点を記録

橋本が値千金の先制点!太田のクロスを押し込んだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ13節]川崎0-2FC東京/5月5日/等々力
 
 J1リーグ13節の川崎対FC東京が5日、等々力陸上競技場で行なわれ、2-0でFC東京が勝利した。
 
 アウェーのFC東京は14分、ディエゴ・オリヴェイラが獲得したFKから先制点を挙げる。キッカーの太田宏介が左足で鋭いクロスを送ると、中央に走り込んだ橋本拳人がわずかに触ってネットに流し込んだ。
 
 堅守速攻を得意とするFC東京は、このゴールで試合のリズムを掴む。ボールポゼッションでは川崎に劣るものの、ゴール前をしっかり固めて攻撃を撥ね返し、個人能力に長けたD・オリヴェイラと永井謙佑の2トップを軸にしたカウンターで追加点を狙った。
 
 そうして迎えた69分、再びセットプレーからゴールをこじ開ける。キッカーは、またも太田だ。このレフティが精度の高いクロスをGKとDFの間に送り込み、中央でマークを外した森重真人が右足で叩き込んだ。
 
 2点のリードを奪ったアウェーチームは、その後も集中力を保って手堅く試合を進め、川崎に付け入る隙を与えない。そのまま無失点で試合を終わらせ、2-0で勝点3をモノにした。
 
 今季初の”多摩川クラシコ”を制したFC東京は、勝点を26に伸ばして2位をキープ。13節終了時点でリーグトップの21得点を挙げており、攻守両面が噛み合っている印象だ。
 
 一方の川崎は、前節の浦和戦に続くホームでの連敗で、勝点は21のまま。この試合ではボールポゼッションで優位に立ち、特に中村憲剛や小林悠を投入した後半は、相手を完全に押し込んだ。しかし、人数をかけてゴール前を固めるFC東京の守備を崩せず。堅守速攻を徹底する相手の狙いにハマり、打開する術を見出せなかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ