「DAZN週間ベスト5セーブ」の5位に”あの急造守護神”が選出!「1位でもいい!」との声も

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月04日

至近距離でピンチを迎えた奈良は抜群の反応でシュートストップ!

緊急登板にも動じず、奈良は与えられた仕事を全うした。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 鮮やかなシュートストップでサポーターを盛り上げる守護神たち。その中から毎節、「DAZN週間ベスト5セーブ」が選出されているが、今節の5位には後半途中から急遽GKを務めたCB奈良竜樹(川崎)のファインセーブがランクインした。

 5月2日に行なわれたJ1リーグ12節の浦和戦に、CBで先発出場を果たした奈良は、守護神チョン・ソンリョンの退場によって70分からポジションを変更。チームが3人の交代枠を全て使い切っていたため、ベンチ外だったGK安藤駿介のユニホームを借りて急遽ゴールマウスを任される事態となった。
 しかし、そんな状況にも動じなかった奈良は、74分のビックプレーで高評価を受ける。

 浦和の長澤和輝に至近距離で決定的なシュートを放たれたが、最後までボールから目を切らずに左手一本で阻止。急造GKとは思えない反応の良さで、チームのピンチを救って見せたのだ。

 チームは0-2で敗れたが、この奈良のファインセーブを多くのサポーターが絶賛。「奈良最高やった!」「1位でもいい気がする!」という声がSNS上に投稿され、改めて奈良の働きぶりに注目が集まった。

 そのほかを見ても、今節もビックプレーが目白押し。1位となった林彰洋(FC東京)はゴール前の混戦で正確無比なセーブを見せ、2位の林卓人(広島)は俊敏な動きで相手のミドルシュートを阻止。3位のク・ソンユン(札幌)、4位の林瑞輝(G大阪)もチームの危機を救う活躍で好評価を受けた。

 次節もゴールを預かる男たちの働きに注目が集まる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ