【J1採点&寸評】鹿島2-1長崎|内田篤人のJ復帰後初アシストで今季3点目!! MOMは切り込み隊長役の鈴木優磨に!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月03日

鹿島――小笠原が黒子役に徹し、中盤を掌握

【警告】鹿島=遠藤(6分)、小笠原(57分) 長崎=高杉(14分)、チェ・キュベック(64分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】 鈴木優磨(鹿島)

画像を見る

[J1リーグ12節]鹿島2-1長崎/5月2日(水)/カシマ

【チーム採点・寸評】

鹿島 6
守備の戦術を修正し、前線からのプレスに偏重せずに状況を見極め、しっかりと構えて相手の攻撃に対応。これがはまった。先制後に失点したが、焦ることなく勝ち越し。後半の長崎の時間も冷静に対処した。


【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ケ端準 5.5
失点は致し方なし。後半の長崎の攻勢にもしっかりとしたコーチングで守備を統率し、リーグ戦今季初出場を勝利で飾った

DF
2 内田篤人 6
今季リーグ戦初フル出場。機を見た攻撃参加で“らしさ”見せ、4分には鈴木の先制点を演出。J復帰後初アシストを記録。

5 植田直通 6
隙を突かれての不用意な被弾はあったが、守備範囲外での失点。昌子とのセンターバックコンビは安定感があった。
 
3 昌子 源 6
3試合ぶりの出場。失点場面では隙を突かれ傍観者となったが、勝ち越しのPKの場面では後方からの縦パスで起点となった。

32 安西幸輝 6
47分にはポストを叩くミドルシュートを放つなど、無尽蔵のスタミナで上下動を繰り返し、攻守のあらゆる場面で顔を出した。

MF
20 三竿健斗 6
小笠原とバランスを図りながら、機を見ては前線に攻撃参加。47分には積極的なミドルで相手ゴールを脅かした。

40 小笠原満男 6.5
黒子役に徹し、中盤の主導権を掌握。視野を広く保ち、守備では相手の攻撃の芽を摘み、攻撃では展開力を見せた。 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ