【J1展望】横浜×磐田|ともに勝利を渇望。横浜の攻撃スタイルに磐田はどう立ち向かうか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2018年05月01日

横浜――注目はH・ヴィエイラと伊藤の“縦関係”

故障者/横浜=ブマル 磐田=アダイウトン、ムサエフ、中村
出場停止/横浜=なし 磐田=なし

画像を見る

J1リーグ 第12節
横浜F・マリノス-ジュビロ磐田
5月2日(水)/19:00/日産スタジアム
 
横浜F・マリノス
今季成績(11節終了時点):13位 勝点12 3勝3分5敗 15得点・17失点
 
【最新チーム事情】
●前節・鹿島戦で6試合ぶりに勝利し、チームの雰囲気は良好だ。
●中3日での連戦になるが、3-0で勝利した流れを重視して大幅なメンバー変更はなさそうだ。
●鹿島戦でリーグ戦初先発した右SB山田は継続出場か。松原のコンディションも悪くないが……。
【担当記者の視点】
 前節・鹿島戦で、久々の勝点3をゲット。思うように結果を出せていなかったが、掲げるスタイルを貫いたなかで白星を掴んだだけに、選手たちは確かな自信を得たはずだ。
 
 この流れを途切れさせないためにも、今節の磐田戦は重要になってくる。連勝を飾れれば、さらに勢いに乗れるはずだ。
 
 注目は、H・ヴィエイラと伊藤の“縦関係”。これまでCFのポジションを争っていたふたりが、どれだけ有機的に絡むことができるか。トップ下で精力的に動き回る伊藤がフィニッシュワークに絡めるようになれば、攻撃の迫力アップが期待できる。

【PHOTO】横浜を彩る美女チアリーダー『トリコロールマーメイズ』!
【関連記事】
【横浜】リスキーな攻撃サッカーを支える「腹をくくってやり切れるか」という覚悟
【横浜】中村俊輔ばりのFK弾よりも、天野純の進化を感じさせたワンプレー
中村敬斗や菅原由勢だけじゃない! ルーキー豊作の今季、横浜の山田康太も要注目だ!
【磐田】「そういうボスの下でサッカーができているのを…」川又堅碁が語る指揮官への想い
PK1本に泣いて痛恨ドローの磐田…それでもエースの川又堅碁が前を向いたワケ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ