2010年の誕生日から4年を経てなお、本田圭佑は「持っている」男なのか?

カテゴリ:日本代表

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年06月13日

4年前はベンチスタートから一転、主役級の存在に。

2010年のワールドカップでは2得点1アシストで、日本のグループリーグ突破に貢献。大会前からの自身の状況を一変させた。 (C) Getty Images

画像を見る

 2010年6月13日。本田圭佑は、南アフリカの地で高揚した表情でこう語った。
「誕生日にワールドカップで点を取って勝てた? そうですね、まあ、僕は『持っている』んでしょうね」
 
 グループリーグ初戦のカメルーン戦。大会に向けた調整試合で連敗を喫していた日本代表を取り巻く雰囲気は、決して明るいものではなかった。そんな空気を一変させたのが、背番号「18」を付けた金髪のレフティー。右サイドの松井大輔からのクロスをファーサイド受けると、バウンドしたボールに上手く左足を合わせ、ゴールネットを揺らした。前半に挙げたこの虎の子の1点を守りきり、日本は戦前の予想を覆して勝利。1トップに入った本田は、一躍日本中の注目を浴びる選手になった。
 
 本田が代表内で本格的に台頭してきたのは、その前年の09年だった。印象に残るシーンと言えば、欧州遠征のオランダ戦。後半、直接FKの場面で、当時背番号10を背負いチームの絶対的存在でもあった中村俊輔と、キッカーを巡って一歩も引かない態度を取った。結局その場は中村が蹴り、本田は苦笑いを浮かべつつも、悔しそうな表情を湛えていたが、あれ以降、彼が単なる控え選手ではないという印象を人々に植えつけた。
 
 南アフリカ大会直前、当時の岡田武史監督は、それまでの高い位置で人数を掛けてボールを奪いに行き、パスをつないで攻め込む攻撃的なサッカーから方向転換。全体のラインを下げた、守備的なスタイルに舵を切ったのだった。
 
 攻撃的な戦術においてキーマンだった中村は、ベンチに。そして、対人プレーに強く、相手DFを背負いながらもひとりでボールキープができる本田が、1トップの位置に抜擢された。
 
 以降、大会での本田の活躍ぶりは、もはや周知の事実だろう。大会前までは、試合の流れを変える役割を期待されていたに過ぎなかった背番号18は、終わってみればチームを最前線から牽引する主役級の輝きを放っていた。
【関連記事】
日本代表 対 ザンビア戦|週刊サッカーダイジェストの採点・寸評
日本代表 対 コスタリカ戦|週刊サッカーダイジェストの採点・寸評
【探訪ストーリー】柿谷曜一朗――再出発の地、徳島
内田篤人は4年前の失望を「払拭」できるのか?
「サプライズ」の舞台裏――大久保嘉人はなぜ再生したのか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ