【日本代表】「現体制のままでいくのか」。その質問に西野技術委員長は?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年03月28日

「まったく現場が成立していない感じは持っていない」。

ハリルホジッチ体制の継続について質問を受けた西野技術委員長。欧州遠征の結果よりも、あくまで本大会でなにができるかが重要だと回答。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[キリンチャレンジカップ]日本1-2ウクライナ/3月27日/スタッド・モーリス・デュフラン
 
 日本代表は3月27日、ベルギーのリエージュでウクライナ代表と対戦し、1-2で敗れた。
 
 23日のマリ戦を含む欧州遠征での2試合は、勝ち星なし。この日行なわれたウクライナ戦でも一時は同点に追いつきながらも後半に再び突き放され、「内容はスコア以上」(西野技術委員長)の完敗だった。

 昨年12月に開催されたE-1選手権でも韓国戦から3戦勝利がない状態で、ロシア・ワールドカップ本大会に臨むことになる。ヴァイッド・ハリルホジッチ体制への不安視も避けられない状態だ。
 
 試合後、日本サッカー協会の西野朗技術委員長にある質問が飛ぶ。

 「このままの体制でいくのか。議論をするのか」と。
 
 これに対し、西野技術委員長は次のように返答した。

「現状はこの体制でいく。まったく現場が成立していない感じは持っていない。レベルの高い相手との対戦での結果なので。それよりも本大会でどうか。やれないことを今はもっともっと追及してやらなければいけない」と回答。本大会まで残り3か月を切った現時点で、“継続”を明言した。
 
【PHOTO】日本1-2ウクライナ|槙野の同点ヘッドは実らず。欧州遠征は1分1敗…

【PHOTO】リエージュの美食を紹介。随時更新中!

【PHOTO】リエージュでの生活をカメラマンが切り取る!
【関連記事】
【日本1-2ウクライナ|採点&寸評】頼みの長谷部が乱調、酒井高は“オウンゴール未遂”。本田はシュート0本に終わり…
「勝ち星なしを更新」「終盤は猛攻も…」ウクライナに苦杯の日本代表を英専門誌はどう見た?
ウクライナに敗れるもハリルは前向き「マリ戦より良いゲームができた」
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たち❤
同点弾の槙野智章が語った自らのゴールの意味「ああいう力を出していかないと」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ