• トップ
  • ニュース一覧
  • 【週刊サッカーダイジェストの目】遠藤が力説する立ち上がりの重要性「W杯では先に失点したら取り返しがつかないことになり得る」

【週刊サッカーダイジェストの目】遠藤が力説する立ち上がりの重要性「W杯では先に失点したら取り返しがつかないことになり得る」

カテゴリ:日本代表

原山裕平

2014年06月08日

本番では先制を許した後も、相手が攻めてくるとは限らない。

2試合連続でリードを許した展開に強い危機感を示した遠藤。本番では先に点を許せばテストマッチ以上に苦しい展開となる。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 ザンビアは想像以上に好チームだった。とりわけ前線の4人はスピード、技術ともに高いレベルにあり、日本の守備陣は翻弄されるばかり。局面の対応で後手を踏み、なかなかボールを奪えなかった。ボール回しも巧みで、組織力もまずまずのモノ。しっかりと調整さえすれば、仮にワールドカップに出場してもなかなかの確率でグループリーグを突破できるのではないか、そんな感想さえ抱いたほどだ。
 
 もっとも個々の能力はやはり、初戦で対戦するコートジボワールには劣る。そんな相手に日本は大いに苦戦した。前半に限って言えば圧倒されたと言ってもいい。なんとか逆転勝利を飾ったとはいえ、「今日のゲームには満足していない」という指揮官の言葉を借りるまでもなく、本大会に向けて大いに不安の残る試合となった。
 
 課題はやはり早い時間帯に先制点を奪われたことにある。コスタリカ戦でも先に失点しており、これで2試合連続の失態である。
 
「今日は、なかなか上手く試合に入れなかった。身体が重かったり、暑かったりしたのはありますけど、立ち上がりに2試合連続で失点しているという意味では、もっともっと危機感を持たないといけない。これがワールドカップじゃなくて良かった」
 
 香川真司が話したように、本番では確実に修正しなければいけないポイントだろう。追いかける展開となっては、やはり苦しい。ザンビアは先制後もオープンな打ち合いを挑んできたが、それはあくまでテストマッチだったからに他ならない。勝点のかかった試合では、より1点を大事にする展開となるはずで、日本の勝機は大きく遠ざかることになる。 
 
遠藤保仁も立ち上がりの重要性を力説する。
 
「ワールドカップでは取り返しがつかないことになり得る。悪い時でも極力早い段階で修正して、できれば自分たちが先にペースを掴めるようなスタートを切らないといけない」
【関連記事】
日本代表 対 ザンビア戦|週刊サッカーダイジェストの採点・寸評
日本代表 対 ザンビア戦|ディフェンス面に課題山積も、頼もしき大久保の決勝弾!
【ザンビア戦プレビュー】最後の確認を通して、初戦のスタメンが浮かび上がる
【スタイル分析】強力な個性を組織の中でコントロール|コートジボワール
コートジボワール 対 ボスニア戦に見る 日本代表の初戦勝利のポイント

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ