「まさにラストキック」「日本は執念を実らせた」欧州メディアは日本vsマリ戦をどう報じた?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月24日

「スタジアムは驚くほどガラガラで…」

日本は辛うじてドローに持ち込んだものの、攻守両面で課題の残る内容に。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現地時間3月23日、ベルギーのリエージュで行なわれた日本とマリの親善試合は1-1のドローに終わった。ハリルジャパンが土壇場で追いついて命拾いしたゲームを、欧州スポーツチャンネル『EUROSPORTS』は、「日本がワールドカップに向けたウォームアップでマリと引き分け。ラストキックで追いついた」と題し、速報で以下のように報じている。
 
「ストッペイジタイム(アディショナルタイム)のまさにラストキックでゴールを挙げたのはショウヤ・ナカジマ(中島翔哉)だ。ファーサイドでフリーとなりねじ込んだ。日本は前半終了間際に先制されて苦境に立たされたが、後半は諦めずに怒涛の猛攻を仕掛けて執念を実らせた」

 
 さらにこう続ける。
 
「日本はワールドカップでセネガルと対戦するため、その隣国で似た特徴を持つマリを仮想相手に見立てた。スタンダール・リエージュのスタジアムは驚くほどガラガラ。ランチタイムのキックオフになったのは、日本のテレビ局の都合に合わせたためだ」
 
 日本は火曜日、同じスタジアムでウクライナと対戦する。

【国際親善試合PHOTO】日本代表 1-1 マリ代表|中島のデビュー戦劇的弾で辛くもドロー

日本代表ベルギー遠征【美食の国ベルギー!PHOTO】食べるのが大好きなカメラマンがリエージュの美味しい食べ物を紹介します。随時更新中!

日本代表ベルギー遠征【リエージュにやって来た!PHOTO】リエージュでの生活をカメラマンが切り取る!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ