“浦和のエース”興梠の言葉から浮かぶ現状打破への3つのキーワード

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始

2018年03月05日

昨年10月から8試合連続”1ゴール”以下…「2点取れる力を見せたかった」が

興梠は前線で孤立…持ち味を発揮しきれなかった。写真:徳原隆元

画像を見る

「今日も完全に孤立してしまった気がします。それは周りが悪いとかではなく、自分の動き出しも反省しなきゃいけない。ミシャサッカーとは違うことをやっているので、それなりにいろいろ頭を使って、考えながらやらないとダメだと思います」
 
 今季副主将に就任した興梠が、この試合ではキャプテンマークをつけて試合に臨んだ。しかしシュート0本に終わり、逆転負けを喫したとあって表情は沈みがちだった。昨季ACL優勝を果たしたとはいえ、一向に改善されずにいるCFの孤立問題。昨季20得点を決めた浦和のエースは課題を考えながら、改善策を挙げていった。
 
「もっとパスをつないで、相手になにもさせないような試合をしたかったですけれど、攻撃も守備も中途半端で、まあ、もちろんやっている自分たちも簡単なミスでボールを奪われてしまい、そうするとこんな展開になるし……。やっている自分たちも非常にストレスのたまる試合でした。もう少しみんなが意思統一しないといけないのかなと思います」
 そのように、まず意思統一の重要性をポイントとした。さらに興梠は続ける。
 
「もちろんミシャ(ペトロヴィッチ現・札幌監督)では攻撃に関しては、すごく魅力的なサッカーをしていて、それも一人ひとりの頭の中に残っていると思う。守備を固める堀さんのスタイルをやりながら、攻撃に関してはダイレクトとコンビネーションでいける形を、もっと選手で考えてやってもいいのかなという気はします。去年からなかなか2点、3点と決める試合があまりなかったので。今日は先制できて、2点取る力を見せたかった。攻撃面でのコンビネーションはもっと必要だと感じます」
【関連記事】
【J1採点&寸評】浦和1-2広島|”ふた仕事”で大逆転、川辺に7.5。浦和は揺さぶりに対応できず低めの採点
目下絶好調の韓国代表エース、ソン・フンミンは近づく“兵役義務”を回避できるのか
J2でキックオフが遅れるハプニング!審判のユニホームが問題?千葉の町田也真人が事の真相を明かす
ジョーとのコンビでJ1を席巻!首位の名古屋を牽引する”魔術師”が好調な理由
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ