• トップ
  • ニュース一覧
  • J2でキックオフが遅れるハプニング!審判のユニホームが問題?千葉の町田也真人が事の真相を明かす

J2でキックオフが遅れるハプニング!審判のユニホームが問題?千葉の町田也真人が事の真相を明かす

カテゴリ:Jリーグ

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年03月04日

まさかの事態にキャプテンマークを巻く町田は…

ハプニングにも冷静に対処した町田。他の選手たちにも動揺はなかったようだ。写真:田中研治

画像を見る

 J2の千葉と水戸の一戦で試合開始が遅れるハプニングがあった。
 
 キックオフは14時3分を予定。選手たちが入場し、試合前の集合写真撮影も終わり、あとは開始の笛を待つばかりとなった。しかし、待てど暮らせど、ゲームが始まらない。選手たちは温めた身体が冷えないように、ピッチ内でウォーミングアップを続けていた。
 
 そして、14時10分にようやく試合がスタート。大きな混乱は起こらなかったが、その間に何があったのか。真相について千葉の主将を務めた町田也真人が教えてくれた。
 
 今回の遅延は、千葉と審判団のユニホームカラーが類似したことが理由だったそうだ。入場後に千葉のエスナイデル監督と水戸の長谷部茂利監督から審判団に指摘があり、そこから大坪博和主審が「ユニホームの色は大丈夫?」と選手たちに問い合わせた。

 そこで千葉側で対応した町田は「それはまずいかも」と答えたとのこと。近藤直也の欠場でキャプテンマークを代わりに巻いた10番も、指摘されるまで気に留めていなかったようだが、Jリーグ側に許可を取り、主審が赤の審判着に着替える異例の形となった。
 
 町田は主審とのやり取りを即座にチームメイトにも伝えたが、動揺は見られなかったという。「早くやりたい気持ちもあったし、みんなからもその想いが伝わってきた」と選手たちのモチベーションには影響しなかったようだ。
 
 前半は主審だけがカラーを変更したため、線審は千葉と同色のものを着用していたが、そこに関しても問題はなかったそう。後半は無事に、審判団全員が赤のユニホームを着用し、何事もなく試合は進められた。
 
 ハプニングに見舞われた一戦はスコアレスドローで終了。予期せぬ事態にスタジアムもざわついたが、選手たちはいたって冷静だったようだ。

取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥
【関連記事】
後半に巻き返した広島が逆転勝利で2位浮上!浦和は青木の先制点を活かせず…
驚異の17歳!G大阪の中村敬斗が鹿島相手に圧巻プレー!45分間に見た可能性とチーム内の序列
名古屋は外国人頼み? 風間スタイルを具現化するのは2人の日本人MFだ!
なんとVAR判定に3分45秒! 今季から導入も中国リーグは使いこなせていない!?
乾、先制ゴールで今季通算4点目! しかしチームは数的優位も降格圏チームに勝ち越せず…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ