クルピも、日本代表MFも認めるセンス! ガンバ新戦術導入のキーマンは矢島慎也だ!!

カテゴリ:Jリーグ

飯間 健

2018年02月06日

「監督からは“お前はパスも出せる。飛び出しもできる。適正だ”と言われた」

今季浦和から完全移籍で加入した矢島。そのサッカーセンスの高さは、主軸の倉田も認めるところだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 レヴィー・クルピ監督を新たに迎えたガンバ大阪が2月5日、新体制初実戦を行なった。J2京都サンガF.C.との練習試合で主力組は35分×2本、サブ組は45分×2本。結果はサブ組が3得点を挙げ、トータルスコア3-1で初陣を飾ったが、やはり注目するのは主力組が出場した試合だ。

 
 クルピ監督が採用したのは4-3-2-1の通称「クリスマスツリー」システム。とりわけ中盤の人員構成は興味深い。3ボランチは右からMF矢島慎也、中央にMF今野泰幸、左にMF初瀬亮。そして2シャドーでMF倉田秋とMF遠藤保仁が並んだ。かつてイタリア代表なども導入していたがJリーグでは珍しいシステム。そんな大胆な戦術を採り入れることができたのは、浦和から今季完全移籍で加入した矢島の存在が大きい、と倉田は語る。
 
「去年までオレやヤットさんが下がってやらなきゃいけない仕事を慎也がやってくれる」
 
 3ボランチの両脇は技術だけではなく、運動量も戦術眼も求められる。サイドバック(SB)とシャドーをつなぐ役割、局面を変える展開力、守備での防波堤、そして機を見た攻撃参加。京都戦では同サイドに位置することが多かった倉田と右SBオジェソク、矢島が何度も攻撃面で絡んだ。細かいパス交換で崩すだけではなく、倉田が下がって矢島が飛び出すシーンもある。沖縄キャンプ初日の4日、わずか1日だけ確認した新戦術にもかかわらず、ガンバ本来のパスサッカーが取り戻せそうな予感を漂わせた。
 
「監督からは“お前はパスも出せる。飛び出しもできる。適正だ”と言われたし、自分もそう思う。G大阪は足もとの技術がある選手が多いし、近い感覚でやれると思います」
 移籍後初実戦を終えた矢島は攻撃の形には手応えを掴んだ。
 
 とはいえ満足感はない。
「やっぱり得点が取れなかったんで。周囲とトライアングルを作るのも、互いの距離を縮めるのも、サイドを抉るのも、得点を奪うため。0点で終わったのはなあ…という感じ」。逆サイドで展開した時のゴール前への侵入や飛び出す回数などボックス内での仕事を増やすことが改善点という。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ