【川崎】大卒新人の守田が現時点のベストメンバー入り&TM2戦連発でアピール!!

カテゴリ:Jリーグ

江藤高志

2018年02月01日

東京V、琉球を相手に鬼木監督は「もう少し崩せればという想いも」。

攻守両面で存在感を見せる守田。開幕スタメンに向け、着実なアピールを続けている。写真:江藤高志

画像を見る

 沖縄キャンプ中の川崎フロンターレは1月31日、東京ヴェルディとFC琉球の2チームとトレーニングマッチを行なった。試合形式は、東京Vを相手に45分×2本。FC琉球に対しては30分×2本だった。
 
 中村憲剛によると「この2日間、練習でちょっと落としてくれたので」という状況の中、体力的には先日の千葉戦ほど疲れた状態ではなかったようで、「逆にヤラないといけないというのはありました(笑)」という状態での試合となった。
 
 試合に関しては東京Vとの1本目が現時点でのベストメンバーと言える編成になっており、その中に大卒1年目の守田英正が入り、そつなくプレーしていた。
 
 東京Vの守備にも苦しめられたが、開始15分に大きな展開から小林悠が先制点。さらに37分にはエウシーニョの折り返しを守田がシュート。相手DFに当たりながらのゴールは、28日の千葉戦(1-0)に続く2戦連続得点となった。
 
 東京Vとの2本目は、立ち上がりは1本目と同じメンバーだったが、小林が入っていた1トップに大久保嘉人が入るなど、微調整が施されての45分となった。
 
 この2本目の16分頃に中村、大久保、守田が交代するなどしている。その後の26分に阿部浩之から長谷川竜也とつなぎ、最後は小林がコースを狙ったコントロールシュートを決める。また39分には途中交代の脇坂泰斗からのスルーパスを知念慶が決め、2-0とした。
 
 東京Vとの45分×2本は、2-0、2-0のトータル4-0という結果だった。
 
 続いて行なわれたFC琉球戦は、大きくメンバーを入れ替えて行なわれた。30分の試合時間で行なわれた1本目は0-0の結果に終わるが、続いて行なわれた30分の2本目で攻撃陣が爆発した。
 
 開始1分の知念の先制点に引き続き、4分には田坂祐介が追加点。さらに試合終了間際の30+1分に再び知念がダメ押し点を決め、3-0とした。
 
 FC琉球との30分×2本は、0-0、3-0のトータル3-0という結果となった。
 
 試合を総括して鬼木達監督は「攻撃のところでもう一度正確にやるだとか、質のところ」に加え、しっかり守ってくる東京Vを「もう少し崩せればという想い」があったという。ただ、試合全体を通しては「しっかりとゲームをコントロールしながら攻撃しようというのがありました」と述べて、結果としては悪くないという印象を口にしている。
 
取材・文●江藤高志(川﨑フットボールアディクト)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ