イカルディ、SNS謎投稿で愛妻ワンダとの破局を示唆? 「別れを告げることができるのは成長」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月02日

伊メディアの報道にワンダ夫人の反応は?

公の場で度々仲睦まじい姿を見せてきたイカルディ夫妻は、ついに終焉の時を迎えたのかもしれない。 (C) Getty Images

画像を見る

 SNSでの謎の投稿は、プライベートでの破局を暗示していたのかもしれない。イタリア紙『La Gazzetta dello Sport』によると、インテルのエースで、キャプテンも務めるマウロ・イカルディが、インスタグラムでワンダ・ナラ夫人のフォローを解除したという。
 
 現地1月29日、イカルディのインスタグラムでの意味深な投稿は、インテリスタとイタリア・メディアを騒然とさせた。「別れを告げることができるのは成長」というメッセージが記された写真とともに、アルゼンチン代表FWは、「Chau Chau(チャウ・チャウ)」とコメント。さらに手を振る絵文字も添えていたのだ。
 
 冬の移籍市場が開いていただけに、レアル・マドリーからの関心が噂されていたイカルディの去就に関する憶測に繋がったのは言うまでもない。
 
 さらに言えば、退団報道もあったマルセロ・ブロゾビッチや、インテルが狙っていたパリ・サンジェルマンのハビエル・パストーレに向けたメッセージという見方もあった。だが、ブロゾビッチはインテルに残り、パストーレがミラノに来ることもなかった。
 
 そして移籍市場終了から一夜明けた2月1日、複数のイタリア・メディアは、前述のようにイカルディが夫人のフォローをやめたと報道。一方で仕事のためにアルゼンチンに帰国していたワンダ夫人は、自身のインスタグラムで、「愛の尺度は距離とともに測られるもの」というコメント付きの写真を投稿している。
 
 1月のリーグ中断期間にモルディブへ旅行し、連日SNSでリラックスした日々を送っていたイカルディ夫妻だったが、「別れを告げることができるのは成長」が意味するのは「離縁」なのだろうか。
 
 サンプドリア時代にマキシ・ロペスの妻だったワンダと略奪婚したイカルディ。非難されることも多かったが、当人たちは周囲の声を気にせずにラブラブぶりを見せつけてきた。さらに、タレントであるワンダ夫人がイカルディの代理人としても敏腕ぶりを披露してきたのは周知のとおりだ。
 
 そんな2人が破局するとなれば、インテルのエースのパフォーマンスや去就への影響も含めて大きな注目を集めるのは必至。負傷で、2月3日のクロトーネ戦(セリエA23節)を欠場することが報じられているイカルディの動向から目が離せない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ