【浦和】2年連続のラブコールが実った理由。岩波拓也の移籍に影響を与えたふたりの人物

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年01月11日

アドバイスを受けたのは…。

新シーズンへの決意を語った岩波。まずは浦和でレギュラーを掴めるか。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「2年間ラブコールを送ってきました。(最終ラインから)縦につけられる選手は稀。代表を目指してもらいたい」
 
 1月11日に行なわれた浦和の新加入選手記者会見で山道守彦強化本部長が能力を称えたのは、神戸から加入したCBの岩波拓也だ。
 
「CBには良い選手ばかりがいて争いは激しいと思いますが、逆にそういう争いをしたくてレッズを選びました。試合に出て当たり前のチームではない。1試合1試合が勝負です。ただ、ここで安定して試合に出られるようになれば、次のステージが見えてくると思います」
 
 本人も力強く新天地での決意を語る。もっとも、生まれ育った神戸を離れるには相当な葛藤があったようだ。その決断に影響を与えたのが、ふたりの人物だという。まずひとり目が昨夏まで神戸を率いたネルシーニョ監督だ。
 
「(浦和からオファーを受けた)去年はネルシーニョがもう1年、神戸で指揮を執ると聞いたので神戸に残りました。ネルシーニョの下でやれば成長できると分かっていたので、レッズという選択肢もありましたが残留を決めました」
 
 ただネルシーニョ監督は昨年8月に契約解除となってチームを去った。またもうひとり、浦和のアカデミー出身で神戸の先輩である高橋峻希からもアドバイスを受けたという。
 
「峻希くんには、1、2年前からもうひとつ上のステージに挑戦するためにレッズに行けと後押しされていました。峻希くんはレッズのレベルを知ったうえで、僕のことを思ってアドバイスをしてくれたんだと思います」
 
 ひとつ上のステージ――、そこには日本代表入りも含まれているようだ。
 
「(リオ)オリンピックまで代表でプレーしてきて、その喜びは理解しているつもりです。ロシア行きにも可能性がある限り挑戦したいです」
 
 新天地を求めた岩波は、果たして思い描くようなステップアップを実現できるのか。そのためにも、まずは激しいレギュラー争いを勝ち抜かなければならない。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
柏木、長澤のポジションを奪って日本代表になる!――山田直輝、浦和復帰の真相
【浦和|新体制】目指すは3年連続のタイトル獲得!4年ぶり復帰の山田直輝、新加入の岩波拓也が選んだ背番号とその理由は…
【浦和】4年ぶり復帰の山田直輝が激白!!「戻れないと諦めかけた時もあったが…」
【鹿島】「ワイワイとかするつもりはない」8年ぶり復帰の内田篤人の悲壮なる覚悟
【Jリーグ移籍動向一覧】鹿島のレアンドロが完全移籍に! 浦和は高木俊幸、駒井善成の移籍を発表

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月27日号
    12月13日発売
    2018年 Jリーグ総決算
    BEST PLAYER &
    全1354選手の年間査定
    海外組カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24