【浦和】4年ぶり復帰の山田直輝が激白!!「戻れないと諦めかけた時もあったが…」

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年01月11日

湘南で真のサッカー選手に。

湘南での3年の武者修行を経て、浦和に戻った山田。新シーズンへ力強く決意を語った。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 1月11日に行なわれた浦和の新体制発表会で、今シーズンからチームに復帰した山田直輝がアカデミー時代から身に纏ってきた懐かしのユニホームに4年ぶりに袖を通した。
 
「良い選手がいてライバル関係があるのは百も承知でここに来ているので、誰であろうとポジションを奪いに行きたいです。ここで結果を残せれば日本代表に近づけるはずなので、負けるつもりはありません。チームを勝たせたいという想いは強いです」
 
 確かな決意を語る山田だが、湘南での3年にわたる武者修行の間には、古巣への復帰を諦めかけた時もあったという。
 
「浦和でもう一回チャレンジする時は自分のパフォーマンスがフルに近づいた時だと思っていました。そうならないとここに戻って来ても、ノーチャンスだと考えていました。ただ、湘南で1年半くらいやってもなかなか自分のパフォーマンスを出せなくて、このままだと浦和に戻れないと諦めかけた時もありました。でもそこから成長させてもらって、感謝しています」
 
 湘南で叩き込まれたのは勝利への貪欲さだ。
「学んだのはチームを勝たせるために責任を負うということ。勝ちに対する貪欲さだったり、引っ張って行くという気持ち。やっとプロのサッカー選手というか、勝つためにサッカーができるようになりました。浦和ではそこを見てもらいたいですし、それを表現できたら、湘南のサポーターにもあいつ成長しているなと感じてもらえると思います」
 
 今季の浦和はアカデミー時代の恩師である堀孝史監督が率いる。
 
「堀さんには感謝しかないので、タイトルを獲って『ありがとう』と言ってもらえるように頑張りたいです」
 
 言葉の端々から逞しく成長したことを窺わせる。覚悟を持って古巣に戻った27歳は新シーズン、大きなサプライズを提供してくれそうだ。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【浦和|新体制】目指すは3年連続のタイトル獲得!4年ぶり復帰の山田直輝、新加入の岩波拓也が選んだ背番号とその理由は…
【鹿島】「ワイワイとかするつもりはない」8年ぶり復帰の内田篤人の悲壮なる覚悟
【鹿島|新体制】挑戦者として“全冠制覇”へ! 内田篤人は背番号2、そして新10番は…
浦和が即戦力の引き抜きに成功!横浜のマルティノスと柏の武富孝介を完全移籍で獲得
リーズ・ファンから怒りの抗議が続出! 井手口陽介の「獲得即レンタル放出」に賛否両論

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ