最終目標はバルセロナ! 森岡亮太が描く欧州最高峰へのイメージ(後編)

カテゴリ:海外日本人

高村美砂

2017年12月28日

一歩ずつ着実に階段を上がっていくイメージからエスカレーターで一気に上に行くイメージへ。

ウインターブレイク突入前の時点で7得点・9アシストの成績を残した。最終目標のバルサ入りへ森岡のチャレンジは続く。(C) Getty Images

画像を見る

 昨季ポーランド1部のヴロツワフで8得点・9アシストの結果を残した森岡亮太は、今季からベルギー1部リーグのワースラント・ベベレンに移籍し、確実に存在感を示し続けている。開幕戦のRCゲンク戦からウインターブレイクによる中断までの21試合、すべての試合に先発し、うち18試合でフル出場を続け7ゴール・9アシスト。得点数はリーグ6位、アシスト数はリーグ2位の活躍ぶりだ。
 
 しかし、じつはこのベベレンへの移籍に関して当初は、「本当にこれがステップアップの移籍になるのか」と悩んだ時期もあったという。最終的にバルセロナを目指す25歳の森岡にとっては、できるだけ早期のステップアップの必要性を感じており、最低でもブンデスリーガへの移籍を思い描いていたからだ。
 
 だが、オファーがきたのはベベレンのみ。正確に言うと、もう少し時間をかけさえすれば他クラブからの話を詰めることもできたはずだが、昨シーズン、それを試みて結果的に移籍ができずに終わった経験をしたからだろう。「自分が決めた移籍期限までに正式なオファーが届いたクラブに移籍をすると決めていた」と森岡。同時に欧州でステップアップを実現していくことに対して、自分が理想を描きすぎていることにも気がついたと笑う。
 
「もともと僕は海外に『一歩ずつ、着実に階段を上っていくイメージ』で来たのに、こっちにきて周りのレベルを実感したこともあって、一気にエスカレーターで上に行くイメージを描くようになっていた。もちろん、エスカレーターに乗れるチャンスがあるのなら、乗るべきだとは思う。でも、それがなくて、少しでも階段で上にいけるチャンスがあるのなら、それにトライすべきだと考えた。
 
 実際、今このベベレンにきて、その決断は間違っていなかったと思っています。ジュピラー・プロリーグはポーランドリーグよりもレベルが高いし、チームとしての質は高くなくても、その中に1~2人は圧倒的にレベルの高い選手がいたりもする。その相手と対峙することで自分が得ること、鍛えられることも多いですしね。そして何より、ベベレンでプレーしていることで、新たな道も拓ける予感も持てています」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ