今季3得点目! 堂安律がオランダで乗り越えた壁【前編】「ガンバでの毎日が緩く感じるくらい…」

カテゴリ:海外日本人

高村美砂

2017年12月25日

旧知のライターがオランダで堂安を直撃。開幕戦以降、スタメンを外れた理由とは?

オランダに活躍の舞台を移した堂安は12月24日のスパルタ・ロッテルダム戦で今季3得手目を奪った。写真:高村美砂

画像を見る

 フローニンゲンに所属する堂安律が12月24日のスパルタ・ロッテルダム戦で今季3ゴール目を決めた。序盤の苦境を乗り越え、確実に出場時間を伸ばしている堂安だが、日本からオランダへと活躍の場を移して以降、これまでいかなる壁に突き当たり、乗り越えてきたのか。旧知のライターが本人を直撃した。
 
――◆――◆――

 
 日本を離れて約5か月半。今でこそ、ほとんどの試合に先発出場を続けながら、攻撃の中心選手として活躍を見せる堂安律だが、一時期は「苦しい時期を過ごした」と振り返る。それは開幕戦のピッチに立って以降、控えに回った4試合を指す。
 
「開幕戦は自分でもそんなに良くないなと自覚していたとはいえ、そこから4試合ベンチに回った時は……、さすがにキツかった。自分なりにいろんなものを捨てて、せっかくオランダまできたのに、最初の1試合、調子があまり良くなかっただけで外されるのかと。その事実を自分の中で消化しきれず、モヤモヤしていました。
 
 監督からは2節のアヤックス戦を前に『相手との力関係を考えて守備的に戦うからスタメンから外す』って説明されたけど、開幕戦のパフォーマンスさえ良ければ、そういう結果にはならなかったはずですしね。自分への腹立たしさと、『何やってんだ?』って想いで凹んだというか、苦しんだ。でもそのおかげで『次に試合に出た時には後悔しないパフォーマンスを残そう』という考えも生まれてきたし、それが意識の変化にもつながった。なかでも開幕戦で感じたことや周りの人に言われたことはすごく参考になりました」
 
 その『参考』になったのが、動きの質、量だ。オランダに来てすぐ、彼はチーム関係者にこんな言葉を投げかけられたという。
 
「日本のサッカーは攻撃と守備の時間に分かれていて、野球のように見える」
 
 攻守の切り替えの遅さを指摘した言葉だが、実際、開幕戦でも自身に対してそれを実感したからだろう。開幕戦以降は、普段の練習から、オフザボールの時間の使い方、動き方に変化を求めるようになったという。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ