【蹴球日本を考える】ひとりで勝負できない選手たちと無策な監督――日韓戦で露わになった日本代表の姿

カテゴリ:日本代表

熊崎敬

2017年12月17日

仕掛けて負けるのではなく、仕掛けようともしない。

韓国の選手たちの打開力に対し、日本は個の勝負で仕掛ける場面が少なすぎた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ラモスさんじゃなくても怒るよ、ほんとに。
 
 韓国に手も足も出ない日本を見て、ある言葉が脳裏に甦ってきた。
 
「サッカーっていうのはねえ、敵を背負ってパスを受け、駆け引きしながら前を向き、目の前の敵を外してボールを前に運ばなきゃ話にならないのよ。それができない選手は、ワールドカップに出ちゃダメなの」
 
 この言葉を聞いたのは、ブラジル・ワールドカップの初戦でコートジボワールに負けた直後のこと。発言者はラモスではなく、ブラジルに長く住む日本人の知り合いである。
 
 日本と韓国、個々の力量の差は明らかだった。
 韓国の選手たちはひとりでボールを受け、プレッシャーをかけられても慌てず敵に身体をぶつけ、背後を取る力がある。
 日本はそれができない。だれひとりとしてプレッシャーを引き受けようとせず、横か後ろ、安全なところにばかりボールを運ぼうとする。これでは状況は変わらず、すぐにじり貧となる。
 
 90分間、目を覆いたくなるような場面のオンパレードだったが、中でも失望したのが56分のシーンだ。
 最前線の中央で土居が後ろ向きにボールを収めた。背後には敵がふたりいたが、ぴたりと寄せられているわけではない。ここは「前を向いてシュートを狙う」が、第一の選択肢だろう。そのほうが敵は困る。
 
 ところが土居は前を向くどころか、慌てて後ろに戻した。しかもこれが敵に渡ってしまい、日本は逆襲を食らう羽目に……。
「あーあ」。私はため息をついたが、驚きはなかった。Jリーグで見慣れた、いつもの日本サッカーだからだ。
 
 日本の選手はボールを受けると、まず味方を探そうとする。敵のゴールよりも先に味方を探すのだ。
 土居も例外ではなかった。いい位置を取ったというのに敵との駆け引きを放棄して、安易に味方につなごうとする。安くない入場料を払った、お客さんに見せるプレーではない。
 
 仕掛けて負けるのではなく、仕掛けようともしない。
 こういう戦えない選手ばかりが生まれるのは、Jリーグで個人より組織の論理が優先されているからだ。みんなで守り、みんなで攻めましょう。で、だれも責任を取ろうとしない。これはサッカーに限ったことではない。私たちの国民性に根差したものなので、変えるのには時間がかかる。
 
 じゃあ、どうすればいいんだよ? と尋ねられると、根気強く変えていくしかありませんと答えるしかないのだが、それではこれを読んでいる皆さんも不満だろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ