• トップ
  • ニュース一覧
  • 家長昭博が見たリーガ「乾と柴崎はチームからの信頼感じた」「クラシコはサッカーの枠を超越した一戦」

家長昭博が見たリーガ「乾と柴崎はチームからの信頼感じた」「クラシコはサッカーの枠を超越した一戦」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年12月18日

「ヘタフェvsエイバル」の解説を務めた家長選手が試合を振り返る。

「ヘタフェvsエイバル」の解説を務めた家長選手。柴崎、乾ともに「チームメイトとの信頼関係が築けている」という印象を抱いたようだ。

画像を見る

 リーガ・エスパニョーラ88年の歴史で初となる日本人対決は、わずか10分のすれ違いで実現しなかった。

 15節、柴崎岳が所属するヘタフェと、乾貴士を擁するエイバルが対戦。乾は先発出場を飾るも63分に交代、そしてベンチスタートとなった故障明けの柴崎は乾がピッチを退いたその10分後の73分に出場と、リーガ1部初の日本人対決は叶わなかった。

 試合はスコアレスドローに終わったが、この試合でWOWOW中継のゲスト解説を務めた家長昭博選手は「チームメイトからの信頼を感じた。今後に期待したい」と語った。
 
 リーガ側もこの対戦を日本向けPRのチャンスと捉え、両日本人プレーヤーをマンガ風に表現した動画を作成してSNSなどで拡散。キックオフ時間を日本の土曜夜9時に設定したり、スタンドで掲げるビッグフラッグや選手入場ゲートにも「こんにちは日本!」と入れるなど、この対戦を盛り上げる。

 始球式には、乾と柴崎の両選手に加え、フィギュアスケートのハビエル・フェルナンデス選手も登場した。

 リーグ戦3連勝と好調のエイバルは乾を左MFで先発起用、対するヘタフェはギリギリ間に合った柴崎をベンチに置いてスタートした。
 
 試合は、両チームとも中盤でつぶし合う展開となり、乾も数回のボールタッチで非凡な才能を感じさせたものの、決定的な働きはできずに63分に交代。その10分後の73分には柴崎が出場。79分にはヒールで流してパスをつなぐなど技術の高さを見せた。

 それでも大勢は変えられず。結局試合はエイバルMFジョアン・ジョルダンのPK失敗などもありスコアレスドロー。勝点1を分け合う形となった。
 
 過去にマジョルカでのプレー経験を持つ家長選手は、「プレータイムがもっと長ければよかったが、ふたりともチームメイトとの信頼関係が見てとれた」と期待を寄せた。

 また、川崎フロンターレでのJリーグ初優勝については「ホームで最高の雰囲気を作ってくれるファンに感謝したい」とコメント。

 そして、年末に行なわれるレアル・マドリーとバルセロナによるクラシコについても、「ひとつのファウルをめぐって世論が盛り上がるような、サッカーの枠を完全に超越した試合」と表現するなど、今後のリーガへの期待を語ってくれた。
【関連記事】
順位も勝点も度外視した、誇りを賭けた戦い。“クラシコ”を制するのはR・マドリーかバルサか
【クラブW杯決勝】C・ロナウドがR・マドリーでの引退を明言!「できればここで最後を…」
【クラブW杯決勝】R・マドリーがグレミオの堅守を破り、大会史上初の連覇を達成!
「30万ユーロというバカげた移籍金でやって来た」エイバル乾貴士を全国紙が特集!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ