【クラブW杯決勝】C・ロナウドがR・マドリーでの引退を明言!「できればここで最後を…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年12月17日

自身への批判に対しては「数字がすべてを物語っている」と一蹴。

息子のジュニア君と喜びを分かち合うC・ロナウド。周囲の批判を自らのプレーで蹴散らした。(C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 エル・ブランコ(スペイン語で白の意)を史上初のクラブワールドカップ連覇に導いたのは、やはりこの千両役者だった。絶対的エース、クリスチアーノ・ロナウドだ。
 
 立ち上がりから一方的に攻め込みながら、グレミオの堅守の前に苦戦を強いられたレアル・マドリー。均衡を破ったのは、C・ロナウドの右足から放たれたスーパーショットだった。昨年12月のクラブワールドカップ決勝でも、鹿島アントラーズを相手にハットトリックを叩き込むなど、大舞台でその真価を発揮してきたエースが、相手ゴール正面で得たFKを直接決めたのだ。
 
 結局、これが決勝点となり、R・マドリーは1-0で勝利。前人未到の大会連覇を成し遂げた。そして眩いばかりの輝きを放ったポルトガル代表FWは試合後、「ただ、勝ちたかった」と切り出し、満足げにこう語った。
 
「マドリーが1年で5つもタイトルを獲得したことはなかったから、(ジネディーヌ)ジダン監督はそれを目標に設定していたんだ。今日の僕らは良い試合をしたし、勝者として相応しかった」
 
 今月11日には自身5度目のバロンドールを受賞したが、懐疑的な意見や指摘も少なくなかった。それでもクラブワールドカップの歴代最多得点者(7点)となった背番号7は、「数字がすべてを物語っているだろ」と突っぱねた。
 
「これまで何度同じことを言ってきた? 数字がすべてだよ。嘘をつかない。だから僕のことを絶えず話す必要もない。すべてのことをピッチの中で証明するし、それが仕事だからね。人々は僕のサッカーを楽しんでくれているし、僕自身ももっと楽しみたいと思っている。ベストを尽くすためにトレーニングをして、プレーするだけだ」
 
 とかく取り沙汰される去就問題については、どう考えているのだろうか。現行契約は2021年6月までで、一部メディアでは満了前にパリ・パンジェルマンへ活躍の場を移すという噂も上がっている。自身の進退についてはこう語っている。

「可能なら僕はR・マドリーで引退したい。ここが大好きだからね。でも、僕はクラブを仕切る上層部の人間じゃない。求められているのは、ピッチでなにをするかということだけ。ただ僕はよくやっていると思うし、できることならこのクラブで終わりたい。まあ、様子を見ようじゃないか」
 
 自信ありげにマドリーでの未来を語ったスーパースター。チームは12月23日にバルセロナとの“エル・クラシコ”を迎えるが、「大丈夫。やれると確信している」と言い切った。勢いのままに宿敵との大一番でも、きっと魅せてくれるだろう。

試合終了と同時に両手を上げ、世界制覇の瞬間を噛み締めたC・ロナウド。返す返すも絵になる男だ。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

“クラシコ”を制するのはR・マドリーかバルサか… WOWOWではクラシコを現地より生中継! さらに前日には直前情報を発信するスペシャル番組の放送も。 (C)Getty Images(C・ロナウド、イスコ、アセンシオ、メッシ、スアレス、ピケ)

画像を見る

【関連記事】
スーパーアシストの香川真司を現地紙が絶賛!「圧巻のパス軌道」「まさしく神出鬼没」
【クラブW杯決勝】大会MVPは決勝点のC・ロナウドではなく、圧倒的な存在感を放ったあのMFに!
なぜ好調の岡崎を先発起用しなかった? レスター指揮官が明かしたその理由が…
【セルジオ越後】韓国相手に自信がなかったハリル監督では、ロシアW杯で勝てるわけがないよ
順位も勝点も度外視した、誇りを賭けた戦い。“クラシコ”を制するのはR・マドリーかバルサか
金田喜稔が韓国戦を斬る!「ショックな敗戦。ハリルにこのまま任せていいのか疑問符が」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ