【移籍市場超速報】ユベントスのコンテ監督が意味深な発言

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年05月12日

「クラブには考えをはっきり伝えた」

就任から3年連続でユーベをスクデットに導いたコンテ監督。達成感からか、去就について意味深な発言を。 (C) Getty Images

画像を見る

【ユベントス】コンテ監督「このチームをさらに強化するのは難しい」
 
 5月5日にスクデット3連覇を決めたユベントスのアントニオ・コンテ監督は、11日のローマ戦(ロスタイムのゴールで1-0の勝利)の後、次のようにコメントした。
 
「ファンタスティックな3年間だった。選手たちには非常に多くを要求してきた。一般的に言って、こうしたことにはサイクルというものがある。クラブには私の考えをはっきりと伝えた。私のサイクル? 私はアレッツォの監督になって以来、毎年すべてを出し切っている。現状に満足せず、成長を続けたいといつも思っている」
 
「サポーターはチャンピオンズ・リーグ優勝を求めている? 私は空手形を振り出すつもりはない。この状況からさらに成長するのはとてもとても困難だ。さらなる伸びしろがあるのかどうかを理解する必要があるが、私は大きな疑いを抱いている」
 
「いずれにしても、クラブとは近いうちにきちんと話し合う。1年間充電するために休養を取るという考え方は好きではない。もしクラブと合意の上で別れることになった場合には、魅力を感じられるオファーがないか検討するつもりだ」
 
【ローマ】契約延長したピヤニッチ「ローマを去ろうと思ったことはない」
 
 ユベントス戦の後、『Sky Sport』のインタビューに応えたミラレム・ピャニッチは次のようにコメントした。
 
「ローマを去ろうと思ったことはない。長い交渉だったけど、一朝一夕に決められるものではないから。僕の意向はクラブも理解していたので、合意に達することができてとても嬉しい。たくさんのオファーをもらったけど、僕の未来はここにあると思っている。ローマは勝つために作られたチームだ。来年はタイトルを勝ち取りたい。残るという選択には、このチームのスタイルも大きく影響した。ローマのサッカーが好きだし、その中で自分も成長できると感じている」
 
【サンプドリア】ミハイロビッチ監督「来週クラブと話し合って去就を決める」
 
 5月11日のセリエAでナポリに1-4の完敗を喫したサンプドリアのシニシャ・ミハイロビッチ監督は試合後、自らの去就について次のように語った。
 
「来週クラブと話し合う予定だ。どんな野心を持って戦うか、すべてについてはっきりさせる必要がある。なんの保証も求めるつもりはないが、お互いの信頼関係は不可欠だ。私はここに残りたいと思っているが、一度話し合う必要がある」
 
【フィオレンティーナ】プラデSD「監督とは考え方を共有。さらなる強化を図りたい」
 
 フィオレンティーナとの契約を2015年まで1年延長したばかりのダニエレ・プラデSDは、5月11日のリボルノ戦(1-0)後、次のようにコメントしている。
 
「クアドラードについては、まずウディネーゼと共同保有の解決について話し合う必要があるが、我々の考え方は明確だ。チームを強化するためにはどこに手を入れるべきか、よく分かっている。来シーズンはゴメスとロッシからスタートする。確かなのは、フィオレンティーナは大きな野心を持っており、チームをさらに強化したいということだ」
 
【サッスオーロ】残留と同時にディ・フランチェスコ監督の続投も確定
 
 ジェノアを4-2で下してセリエA昇格1年目の残留を決めたサッスオーロのセウセビオ・ディ・フランチェスコ監督は、自身の去就について次のように語った。
 
「素晴らしいのは、サッカーの世界には確かなことは何もないという事実だ。我々は降格したも同然だと言われていたが、あと1試合を残して残留を勝ち取った。選手たちは特別な何かを成し遂げた。クラブとは話し合う予定があるが、私の契約に関しては今日残留を決めたことで、自動的に1年更新されている」
 
【翻訳】
片野道郎
 
翻訳者からのごあいさつ
 イタリアのスポーツ専門局『SkySport』を舞台に活躍するジャンルカ・ディ・マルツィオは、移籍専門記者という新たなジャンルを独力で切り開いた草分けにして、他をまったく寄せ付けないトップランナーです。
 
 イタリア国内ではすでに数年前から超メジャーな存在でしたが、2013年1月にジョゼップ・グアルディオラ監督のバイエルン入りという大スクープをものにして、一躍ヨーロッパ中でその名を知られるようになりました。その後も、ウィリアン(当時シャフタール・ドネツク)がトッテナムからチェルシーに寝返った顛末など、イタリアにいながらワールドワイドな移籍情報をいくつもスクープしています。
 
 セリエAから下部リーグまで各クラブの会長やスポーツディレクターはもちろん、代理人からスカウトまで膨大な関係者と緊密なネットワークを持ち(iPhoneのアドレス帳には3000人以上のコンタクトが入っています)、他の記者には絶対入手できないディープな情報をキャッチ。素晴らしいのは、しっかり裏が取れるまでは決して情報を出さないところです。
 
 ご存じの通り、世界中を飛び交っている移籍関連ニュースの大半は、誰かの願望や思惑に基づくただの噂でありそれ以上ではありませんが、ディ・マルツィオが発信するニュースは、すべて彼自身のプライドがかかったガチネタであり、ハズレはほぼ皆無と言っても過言ではありません。移籍ネタに関しては、どんなにありそうな話でもディ・マルツィオが書くまでは嘘か本当かわからない、どんなにあり得ない話でもディ・マルツィオが書いたら本当、というのが、もはやこの業界の常識になっているくらいです。
 
 ツイッターのフォロワーは全世界で約30万人。日本では13年7月から『ワールドサッカーダイジェスト』誌に連載コラムを寄稿しています。先月、この連載を休載した時には、日本のフォロワーからいくつも問い合わせのリプライが飛んで来たほどの人気です。
 
 そんなディ・マルツィオのオフィシャルサイト『gianlucadimarzio.com』から、移籍関連を中心とする最新ニュースを毎日厳選してお伝えするのがこのコーナー。サプライズはあっても「ガセ」はありませんから、安心してお読みください。(片野道郎)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ