元アーセナル戦士の独白(2)――あの北朝鮮戦の真相とポジティブで居続ける理由「最期に父と話せなかったから…」

カテゴリ:メガクラブ

羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb)

2017年11月23日

その溌剌とした明るさの裏にある過去の記憶。

浅草寺の前でパシャリ。瞬間的に表情を作るエブエはスターの輝きを放った。 写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 アーセナルへの愛に富んだインタビューの最中、エブエからは前向きな言葉が多く聞かれた。時折、白い歯を見せてジョークを飛ばす姿からは、元プレミアリーガーだからという奢りのようなものは、全くと言っていいほど感じられなかった。
 
 思えば、現役時代から愉快な話題には欠かない選手であった。2010年南アフリカ・ワールドカップのグループステージ最終節・北朝鮮戦では、相手の監督と選手の間に入り、ミーティングに聞き入る素振りを見せ、世界中で話題となった。
 
 この場面の真相について、エブエは笑いながら明かしてくれた。
 
「試合は僕らが3-0で勝っていて結果も明らかだったし、両チームともグループステージ敗退が決まっていたからね。感じるままにやったのさ。何か思い出を作っちゃえってね。悪気があってやったわけじゃなかったし、僕自身、幸せだったよ。北朝鮮の選手もみんな笑ってくれたし、やってよかったと思う」
 
 アーセナル時代もゴールを決めたチームメイトとダンスを踊ったりと、常に明るいオーラに包まれていたエブエ。その溌剌さは生まれつきなのかと問うと、一瞬、真顔になり、意外な言葉を返してきた。
 
「いや、そういうわけじゃない。父を亡くしたころからだ」
 
 思わず、記者が口ごもると、それを察して話を続けてくれた。
 
「11歳の時さ。父の最期に会話を交わすこともできなかったんだ。辛かったけど、そこから『人生は悪いことしかない』とは考えないようにしたんだ。悪い方向に物事を考えだしたら人間は病にかかる。今、何が起きるかということが大事なんじゃなくて、常に前向きに考え続けることが大切だと思っているよ」
 
 そのポジティブさは、父の死を乗り越えるなかで生まれたものだったのだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ