【番記者通信】ポドルスキをどう扱えばいいのか……|アーセナル

カテゴリ:メガクラブ

ジェレミー・ウィルソン

2014年05月02日

抜群の得点力を誇りながら、守備では穴となる悩ましい存在。

ゴールゲッター、ムードメーカーとしてチームに貢献しながらも、その立場は微妙……。サッカーとは難しいものである。 (C) Getty Images

画像を見る

 今シーズンのアーセナルで評価が最も分かれるのは、ドイツ代表のルーカス・ポドルスキだろう。
 
 ポドルスキの最大の長所は、決定力の高さにある。出場した22試合で12ゴールをマークし、124分に1点のペースで得点を重ねた。彼の得点率(※1ゴールあたりの出場時間)は、セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)、ルイス・スアレス(リバプール)、ダニエル・スターリッジ(リバプール)、デンバ・バ(チェルシー)に次ぎ、プレミア5位の高さ。もちろん、アーセナルではトップだ。ストライカーではなく、左サイドMFでの出場が多いことを加味すれば、その決定力は称賛に値するだろう。
 
 しかしアーセン・ヴェンゲル監督は、このドイツ代表選手をなかなか絶対的支柱に据えられない。理由は、守備意識の低さにある。攻撃マインドが強い一方で、ディフェンスを疎かにする悪癖が見えるのだ。実際、ポドルスキが先発すると、きまって対戦チームは彼のいる左サイドを徹底的に突く。つまり、ポドルスキの起用は、アーセナルにとって諸刃の刃なのだ。
 
 その持ち味を活かしながら、なおかつリスクを軽減するため、フランス人指揮官はポドルスキをストライカーとして起用するなど、工夫をこらした。しかしその結果、周りとうまく連係できず、今度は前線で孤立してしまった……。
 
 クラブとポドルスキの契約期間は残り2年。本人は契約を遵守すると言いながらも、来シーズンからブンデスリーガ1部に復帰する古巣ケルンへの移籍を否定してはいない。
 
 おそらく、守備と規律を重視するジョゼ・モウリーニョのような監督なら、ファン・マタをマンチェスター・ユナイテッドに売却したように、ポドルスキと袂を分かつことも厭わないだろう。しかしポドルスキの攻撃力を高く評価しているヴェンゲル監督に、そういった非情な判断が下せるだろうか。
 
 この夏、28歳のドイツ人の動向に注目が集まりそうだ。
 
【記者】
Jeremy WILSON|Daily Telegraph
ジェレミー・ウィルソン/デイリー・テレグラフ
英高級紙『デイリー・テレグラフ』でロンドン地域を担当し、アーセナルに精通。チェルシーとイングランド代表も追いかけるやり手で、『サンデー・タイムズ』紙や『ガーディアン』紙にも寄稿する。
 
【翻訳】
田嶋康輔

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ