【番記者通信】自力4位が消滅…急ブレーキのなぜ|アーセナル

カテゴリ:メガクラブ

ジェレミー・ウィルソン

2014年04月09日

スアレス、ドラクスラーを取り逃したツケが回った格好だ。

4位の座を争うエバートンに敗れ、CL出場権の自力確保が消えたアーセナル。エジルなど主力に相次いだ故障離脱が痛恨だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 4月6日のエバートン戦で、アーセナルはまったくと言っていいほど力を発揮できずに0-3で完敗した。この結果、自力での4位圏フィニッシュが消滅した。言うまでもなく、チャンピオンズ・リーグ(CL)の出場権は4位以内に与えられる。

 プレミアリーグは、直近の9試合でわずか2勝(3分け4敗)。選手からは覇気が感じられず、4連勝と波に乗るエバートンと勢いの差は歴然としていた。シーズンが佳境に入ったこの時期の不振は致命傷と言っていいだろう。

 首位を快走していた2月から一転、急ブレーキがかかった原因はいったいどこにあるのか?

 最大の要因は、故障者の続出だろう。メスト・エジル、ジャック・ウィルシェア、セオ・ウォルコット、そしてロラン・コシエルニーと、アーセナルの医務室は怪我人でフル稼働中だ。アーロン・ラムジーが大腿部の故障から復帰したのは朗報だが、大ブレークを遂げたこのウェールズ代表MFの、約3か月に渡る長期離脱は痛かった。これだけ主力を欠いたら、ラストスパートなど当然望むべくもない。

 陣容の物足りなさは、間違いなく失速の一因だ。とりわけ、オリビエ・ジルーに頼りきりのCFは駒不足が深刻である。経験不足を露呈するばかりのヤヤ・サノゴ、プレー以前に素行に問題を抱えるニクラス・ベントナーは、優勝を狙うチームにはまったくの場違いだ。ジルーひとりでプレミアとCL、FAカップを戦うプランニングは、「無謀」としか言いようがない。夏の移籍市場でルイス・スアレス(リバプール)、冬の市場でユリアン・ドラクスラー(シャルケ)を狙いながら取り逃したそのツケが、勝負どころで回ってきた格好だ。

 2月下旬からの大ブレーキで3位に終わった2007-08シーズン、同様の展開で4位に急落した10-11シーズンとともに、今シーズンの失速もファンの記憶に刻まれることになるのだろうか。

【記者】
Jeremy WILSON|Daily Telegraph
ジェレミー・ウィルソン/デイリー・テレグラフ
英高級紙『デイリー・テレグラフ』でロンドン地域を担当し、アーセナルに精通。チェルシーとイングランド代表も追いかけるやり手で、『サンデー・タイムズ』紙や『ガーディアン』紙にも寄稿する。

【翻訳】
田嶋康輔
【関連記事】
【番記者通信】帰ってきた“異端児”フラミニの無骨な魅力|アーセナル
【番記者通信】1000試合目に大敗。ヴェンゲルのほろ苦くも偉大なる達成|アーセナル
【移籍市場超速報】マンジュキッチ争奪戦が過熱。チェルシー、アーセナルも乗り気
【番記者通信】躍進を下支え。補完性抜群のCBコンビ|アーセナル
なでしこの挑戦――名門アーセナルの再建を担う大野と近賀

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ