【J1採点&寸評】C大阪2-1大宮|中盤を支配したブラジリアンがMOM!チャンスを逃し続けた杉本は…

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2017年10月29日

C大阪――中盤を支配したダブルボランチを高評価。

【警告】C大阪=なし 大宮=なし
【退場】C大阪=なし 大宮=マテウス(18分)
【MAN OF THE MATCH】ソウザ(C大阪)

画像を見る

[J1リーグ31節]C大阪2-1大宮/10月29日/金鳥スタ
 
【チーム採点・寸評】
C大阪 6.5
終始ゲームを支配し、10人になった相手を圧倒。点差は開いていないが、20本のシュート数がいかに相手を押し込んでいたかを物語っている。
 
【C大阪|採点・寸評】                        
GK
21 キム・ジンヒョン 6
危険なシュートは少なく、安定したセービングを披露した。オウンゴールによる失点は防ぎようがなかっただろう。
 
DF
2 松田 陸 6(77分OUT)
ボールを受けた際の視野が広く、多くの選択肢を持っていた。的確にパスを送り、チャンスにつなげた。
 
15 木本恭生 6
前半は執拗に裏を狙われたものの、安定したディフェンスを披露。賢さだけでなく、ボールを奪いにいく際の強さを見せた点でも評価に値する。
 
22 マテイ・ヨニッチ 5.5
序盤は不安定なプレーが散見。その後は好転した時間帯もあったが、オウンゴールを献上するなど、試合を通してプレーはイマイチだった。
 
14 丸橋祐介 6.5
ビルドアップの正確性を欠く場面があったものの、何度かドリブルで攻め上がり、攻撃に絡む。55分には、精度の高いCKからチームの2点目をアシストした。
 
MF
MAN OF THE MATCH
6 ソウザ 7
相手の嫌がるところにボールを送り、オウンゴールを誘発。それだけでなく、抜群のゲームメイク能力とフィードセンスで、試合をコントロールしていた点も高く評価できる。
 
10 山口 蛍 6.5
守備の際の出足の鋭さはさすが。浮き球のスルーパスも冴えわたり、2列目からの抜け出しなどで攻撃面での貢献度も高かった。
 
16 水沼宏太 6
右サイドを駆け上がり、積極的にクロスを上げてチャンスを演出。ゴールにはつながらなかったものの、そのクオリティは高かった。
 
46 清武弘嗣 6(90+3分OUT)
中央寄りにポジションを取りながら積極的にボールに関与。ダイレクトプレーや縦パスにはセンスを感じさせるが、欲を言えばゴールに絡みたかった。
【関連記事】
【C大阪】単純明快な“小林悠対処法”。 CB木本恭生がルヴァン決勝を前に激白
【C大阪】戻ってきた本来の輝き。桜のコンダクター、清武弘嗣が完全復帰間近だ!
SD最新号の特集は「ルヴァンカップFINAL大展望」。2大特別付録は…
【セルジオ越後】“2強”が敗れた天皇杯。伝統ある大会は軽視されているのか
【C大阪】「もっとできる」。2試合連続弾も杉本健勇は現状に満足せず

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ