インテルが恐れるイカルディ契約書の“ある条項”とは?

カテゴリ:移籍情報

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2017年10月26日

2つの可能性が検討されている。

10節にして早くも二桁ゴールを達成したイカルディ。インテルはこのエースを繋ぎとめられるか。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 8節ミラノ・ダービーでのハットトリックでサン・シーロの王者となるなど、10節にして早くも11ゴール。インテルのマウロ・イカルディが眩い輝きを放っている。
 
 インテルとの契約は文字通りトッププレーヤーのそれだ。ただしそこには、危険な条項がひとつ含まれている。来年7月28日までに1億1000万ユーロ(約143億円)の違約金を支払えば、イタリア以外のクラブへの移籍を前提に契約を解消できるというのがそれだ。
 
 今夏のネイマール移籍で一気に値段が高騰したメルカートの現実に照らし合わせれば、けっして安心できる額ではないだろう。
 
 この条項によるエース退団を怖れるインテルは、イカルディを繋ぎ止めるための新たな合意を模索している。すでに両者のコンタクトは始まっており、2つの可能性が検討されている。
 
 ひとつは、国外移籍を対象とする違約金の金額を引き上げると同時に国内移籍にも高額の違約金を設定する。もうひとつは、違約金条項そのものを取り去ってイカルディの良心と忠誠心にすべてを委ねるというものだ。
 
 後者の場合のイカルディは、本当に「断れない」タイプのオファー以外は受け入れない、という紳士協定をクラブとかわすことになるだろう。
 
 インテルにとってエースにとってキャプテンのイカルディはプロジェクトの中核であり、クラブの将来を担う大黒柱なのだ。これだけのプレーヤーを、ヨーロッパ中のメガクラブが欲しがるのは当然の話だが……。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
 
※当コラムではディ・マルツィオ氏のオフィシャルサイトにも掲載されていない『サッカーダイジェストWEB』だけの独占記事をお届けします。
 
【著者プロフィール】
Gianluca DI MARZIO(ジャンルカ・ディ・マルツィオ)/1974年3月28日、ナポリ近郊の町に生まれる。パドバ大学在学中の94年に地元のTV局でキャリアをスタートし、2004年から『スカイ・イタリア』に所属する。元プロ監督で現コメンテーターの父ジャンニを通して得た人脈を活かして幅広いネットワークを築き、「移籍マーケットの専門記者」という独自のフィールドを開拓。この分野ではイタリアの第一人者で、2013年1月にジョゼップ・グアルディオラのバイエルン入りをスクープしてからは、他の欧州諸国でも注目を集めている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ