400万円の植毛効果が薄れた? ルーニーの頭皮状態が話題に

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年10月24日

増毛スプレーを使用している可能性を名医が指摘。

エバートンでは中心選手を担うルーニー。そうした重責のせいか、髪の毛に影響がでてきているようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 あらゆるストレスを受けたせいか……。エバートンに所属するウェイン・ルーニーの頭皮に変化が起きているという。英紙『サン』が元イングランド代表FWの状態をリポートしている。
 
 今夏にマンチェスター・ユナイテッドから14年ぶりに古巣エバートンに帰還したルーニーだったが、その矢先の今年9月1日に飲酒運転騒動を起こして100時間の社会奉仕活動を科せられてしまう。
 
 さらに、その同乗者でバーで知り合ったという29歳のOLであるローラ・シンプソンさんとの不倫疑惑が浮上。これによってコリーン夫人との離婚の可能性も現地メディアで報道された。
 
 そうしたピッチ外でのゴタゴタに加え、ピッチ内でもエバートンがプレミアリーグで降格圏の18位に沈み、現地時間10月23日にはロナルド・クーマンが解任の憂き目に遭うなど、ルーニーはストレスの絶えない日々を送っている。
 
 サン紙はそうした状況からルーニーの頭皮が後退してきていると伝え、取材に応じた整形外科医のアシム・シャフマラク氏のコメントも掲載。同氏はルーニーが試合で薄毛を隠すための増毛スプレーを用いている可能性が高いと指摘している。
 
「ウェインは毛髪に関して良い広告になれるんじゃないかな? 増毛スプレーを付けていれば偉大な選手に見えるけど、シャンプーを使って流したら“それが”露わになっちゃうだろうね。間違いないよ」
 
 ルーニーは2011年6月にロンドンの『HARLEY STREET HAIR CLINIC』という有名クリニックで植毛治療を受けて、自身のツイッターで、「25歳でハゲるつもりはなかったから」とつぶやいたことで大きな話題をさらった。
 
 その時に掛かった治療費は3万ポンド(約435万円)とも言われているが、サン紙は「3万ポンドを費やしたにもかかわらず、彼は再び髪を失っているようだ」と辛辣に書き綴った。
 
 トフィーズ(エバートンの愛称)浮沈の左右するルーニーは現在32歳。はたして、人生2度目の本格的な育毛治療に励むことはあるのだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ