【U-17W杯】膠着状態を吹き飛ばすのはこの男! 高速ドリブラー椿直起が日本の切り札となる

カテゴリ:日本代表

川端暁彦

2017年10月15日

本山雅志、宮市亮と同じく、ドリブラーで流れを変えられる逸材だ。

第3戦で大会初先発を飾った椿直起(20番)。その悔しさを胸にイングランド戦に挑む。(C)Getty Images

画像を見る

 小気味良いステップからの急加速。天下一品の高速ドリブラー、椿直起(横浜ユース)の真骨頂は「自分でも武器だと思っている」という“個人突破”にある。
 
 U-17日本代表“00ジャパン”には最終予選終了後に初招集を受け、高い評価を獲得してきた。好不調の波は少々あるものの、調子に乗った時は手が付けられないほどの切れ味を見せる。所属の横浜ユースでは先発で使われないことも多く、コンディション面を不安視された時期もあったのだが、最終的に森山佳郎監督は「スーパーサブになってくれれば」という期待も込めながら21人のメンバーリストに椿の名前を加えた。
 
 日本人のドリブラーが外国勢相手にこそ輝くというパターンは少なくない。古くは日本が準優勝した1999年のワールドユース(U-20W杯)における本山雅志のプレーが印象深いが、2009年のU-17W杯でも宮市亮がスピードに乗ったドリブルで“スーパーサブ”として機能し、その活躍が欧州移籍につながったという過去もあった。
 
「(外国勢を相手にしたドリブルは)日本よりもやりやすい」と椿が語っていたこともあるのだが、こうした感触を持つ選手は椿に限らない。日本人DFが総じて「抜かれないこと」を徹底して重視するのに対し、外国人DFはよりボールを“奪う”意識の高い守備をしてくるため、スキルのある選手であれば、逆をつきやすいのだ。ドイツを中心に多くの日本人ドリブラーが買われていっていることでも分かるように、そこに需要も発生している(もちろん、ドリブル“だけ”だと、そのあとで壁に当たるのだが)。
 
 ニューカレドニアとの第3戦、初先発となった椿は得意のドリブルで相手DFを手玉にとって切り崩すシーンを何度か見せた。左ウイングバックに移った終盤は単騎突破から決定的シュートへと至るプレーまで見せて会場を大いに沸かせたが、肝心のゴールには至らない。「体力がなくなっていた」と振り返ったように、酷暑の中で初めて先発フル出場となる中で、スタミナを持続できていなかったのは明らかに課題だった。
 
【U-17W杯PHOTO】グループリーグは1勝1分1敗で決勝T進出決定!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ