ドイツ紙が原口元気ともう一人の日本代表に“異例”の最低点「6」

カテゴリ:海外日本人

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2017年10月15日

日本代表の遠征が影響? 武藤が唯一の「3」で、総じて低めの採点に。

原口の退場劇を敗因に挙げる『ビルト』紙。最低点の「6」がついた。

画像を見る

 ドイツ大衆紙『ビルト』は10月15日、ブンデスリーガ8節(消化分の7試合)の採点を掲載。シャルケ戦で相手への危険なタックルでレッドカードを受けて退場した原口元気、フル出場しながらもプレーに精彩を欠いたハンブルクの酒井高徳には、いずれも最低点の「6」を付けた。

 同紙の採点は1が最高で、基本的には5段階。「目も当てられないほど酷い」という場合のみ「6」がつき、今節は二人を含め3人しかいなかった。

 この他の日本人選手の採点は、CFとボランチでプレーしたケルンの大迫勇也、リベロでフル出場したフランクフルトの長谷部誠、期待される20歳のハンブルク伊藤達哉が「4」と低めの採点。68分から途中出場して勝利に貢献した武藤嘉紀が唯一「3」だった。

 ドルトムントの香川真司、シュツットガルトの浅野拓磨はベンチ入りしたものの、出場機会を得られなかった。鎌田大地はメンバー外。同紙は2部の採点は行なっていない。

 日本代表の遠征に帯同したメンバーが総じて厳しい評価を受けた。次週からはリーグ戦に加え、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、ドイツカップが平日に組まれる連戦に突入する。香川や浅野をはじめチャンスは訪れそうなだけに、コンディションを上げて、指揮官とサポーターからの信頼を掴みたい。

文:塚越 始
【関連記事】
「ブレーキをかけるのは難しい」一発レッドの原口元気にヘルタ指揮官はなんと?
「なんて愚かな行為」「試合を壊した」一発退場の原口元気を独メディアが糾弾!
宇佐美がG大阪を退任する長谷川監督に伝えたいこと。「どんな形でも、もう一度…」
悲劇のビデオ判定、ケルン大迫「機械に裁かれている感じがする」
フローニンゲン堂安律が明かす「好調の要因」と「ハリルジャパンへの想い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ