タイの現地メディアも本音は不満!? チャナティップの凄さはこんなもんじゃない

カテゴリ:Jリーグ

佐々木裕介

2017年09月26日

札幌には多くのタイ人観光客やメディアが押し寄せるが……。

J1デビュー以来、9試合連続で先発出場のチャナティップ。その高いテクニックで観衆を魅了する。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 タイの若きスター、チャナティップ・ソングラシンが北海道コンサドーレ札幌へ移籍合流して3か月。DAZNのお陰で何処へ居ても試合が視聴出来る今日なのだが、彼のプレーを観る度になんだか晴れない気分になっていた。筆者が知る彼のプレーぶりではないからだ。理由を探りたくなり札幌へと飛んだ。

 
 J1残留争いのライバル、アルビレックス新潟とのリーグ戦を翌日に控えた22日、練習は定刻通りに始まった。澄んだ空気と心地良い陽が射しこむ、宮の沢白い恋人サッカー場。ウォーミングアップからボール回し、最後にはハーフコートを使った紅白戦を45分。この練習を最初に切り上げてきたのは意外にもチャナティップだった。
 
 出待ちするファンへサインと笑顔を振る舞った後の囲み取材、ローカル局の番記者から試合への意気込みを聞かれ対応する姿には、やはりどこか元気がないのである。
 
 チャナティップの動向は、ネットメディアを中心に本国タイでも連日報道されている。タイメディア大手、サイアム・スポーツは、常駐3名体制で彼を追い続けている。
 
「昨日はタイ人が練習場をジャックしていましたよ。練習見学ツアーで多くのタイ人観光客が押し寄せ、またそこへチャナティップの彼女(ピッチャナー・サクサゴーンさん/タイの国民的女優)やご両親が遊びに来たものだから大変な賑わいでした」と彼らは誇らしげに話してくれた。また右腕となっている通訳は、ムアントン・ユナイテッド時代から彼をよく知り、常に傍でサポートしている。そこには多くのタイ人に囲まれた生活があり、また札幌にはチャナティップ旋風が吹き荒れていた。
 
 移籍後9試合連続でのスタメン出場を続け、チームにも十分に馴染んでいることは分かった。また新潟戦では、付き纏う相手を圧巻のテクニックで剥すプレーは魅力的だったし、試合後、マッチアップした新潟DFの富澤清太郎は「独特の間合いやモーションで突っ掛けて来る」と、この日前線を外国人で固めた札幌の攻撃セットの中で、真っ先に彼のスキルを評価した。
 
 来日中のチャナティップの父、コンフォップ・ソングラシン氏は「息子は日本が大好きで強い憧れを持っていたんです。数年前、マレーシアのクラブから好条件の移籍オファーをもらった際にも断りを入れ、日本移籍のタイミングを計っていたぐらいですから」と逸話を披露してくれた。彼が望み選んだ移籍だったことは改めて理解したのだが、あの元気のなさは何なのだろうか。
【関連記事】
【札幌】微笑みの国の英雄、チャナティップが大切にする「オノシンジの助言」
昨季シンガポールリーグMVPの日本人FWが覚醒か!? 新潟が切り札の2発で札幌とドロー
【セルジオ越後】お祭り騒ぎの“ハリルジャパン・コンサート”。でも強化という点では…
酒井宏樹の評価が急上昇! 「鋭く、豪快で、美しい」とベスト11選出の全国紙が絶賛!
名波監督も感服する“練習の虫”中村俊輔。J24本目のFK弾にも「勉強になりました」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ