【J1採点&寸評】大宮×広島|推進力見せたマテウスを高評価もMOMは好守連発の広島守護神

カテゴリ:Jリーグ

片村光博

2017年08月27日

大宮――何度も決定機を生み出したマテウスに最高点。

【警告】大宮=河本(34分)、大山(61分) 広島=野上(62分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】中林洋次(広島)

画像を見る

[J1リーグ24節]大宮 1-1 広島/8月26日/NACK

【チーム採点・寸評】

大宮 6
チームとしてのアグレッシブさを意識して試合に入り、実際に多くの時間帯で狙い通りのプレーを体現した。一方で警戒していた時間帯に失点を喫したことは反省材料。良いところと悪いところがどちらも見え、ドローは妥当な結果か。

【大宮1-1広島 PHOTO】引き分けで両チームとも降格圏脱出ならず
 
【大宮|採点・寸評】
GK
1 加藤順大 6
不安定なキックが散見されたものの、ピンチの場面では好セーブを披露した。結果的に正面に来たシュートも、状況判断と予測があってこそ。
 
DF
19 奥井 諒 6
無数のクロスを浴びせて広島守備陣に脅威を与えた。しかし最終的に結果に結び付くプレーを出すことはできなかった。
 
2 菊地光将 6
気迫の同点ゴールは見事。終盤の我慢する時間帯も耐えていただけに、勝利につなげられなかったことは残念。
 
3 河本裕之 5.5
パトリックを水際で防いでいたが、負傷により無念の途中交代。中断期間で万全の状態に戻したい。
 
22 和田拓也 6
浮いたポジションを取って相手ブロックの隙間に侵入したが、効果的なパスがなかなか供給されなかった。
 
MF
16 マテウス 6.5
序盤からサイドを蹂躙し、何度も決定的なシーンを生み出した。決め切れなかったことは課題だが、ポジティブな印象を残した。
 
15 大山啓輔 6
インテリオールとしての出場。守備時にはアグレッシブさを示し、攻撃では経由地点として機能。セットプレーからアシストも記録。
 
37 カウエ 5.5
1対1の局面での強さはさすが。推進力も見せたが、左右の揺さぶりで簡単に突破されるシーンも。
 
40 茨田陽生 6
序盤に決定機を2回迎えるなど、アグレッシブなチームにあって特長を発揮。しかし、決め切れなかった。
【関連記事】
【広島】勝負を分けた誤審!? 丹羽大輝がトラップしたボールの行方は見逃されていた
【広島】先制弾を生んだ以心伝心の元G大阪コンビ。「お互いに特長は分かっている」
【広島】水本裕貴に残る悔しさ。「勝点3にグッと近付けたはず」と“ある場面”を振り返る
鹿島らしさを凝縮させた一発。レアンドロが明かす決勝ゴールの舞台裏
昌子源が杉本健勇を相手に仮想豪州⁉ 決戦へ向けて改めて空中戦の脅威を警戒

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ