【番記者通信】クラシコが世界に示した「魅力」|R・マドリー

カテゴリ:メガクラブ

パブロ・ポロ

2014年03月31日

レフェリー非難は、都合の悪い事実に蓋をする策略か。

撃ち合いになったクラシコは、4-3でバルサに軍配。マドリーには悔しい結果に終わったが、魅力が詰まった一戦だったはずだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 クラシコの翌週、世界中のメディアが伝えた。あの一戦はクラシコ史上最高の試合のひとつだったと。たしかに、両チームとも守備には不安をのぞかせたものの(バルサのそれは想像通りだったが、マドリーのほうは予想外だった)、それぞれのやり方で攻め続ける、素晴らしい90分間だった。

 クラシコ後の1週間、マドリーが主審の判定について激しく非難しつづけたのは、ある種の「策略」という見方ができる。バルサに2つのPKを与えたレフェリーを責めることによって、都合の悪い事実に蓋をしたと、そんな見方だ。例えば、クリスチアーノ・ロナウドとセルヒオ・ラモスの低調なパフォーマンスが、覆い隠したい事実だろう。攻守の両輪は、ともに不甲斐ない出来に終始した。そして試合後に主審の判定に対して語気を強めたのが、他でもないロナウドとラモスだった。カルロ・アンチェロッティ監督も、マルセロも、2人に比べたらずいぶんと冷静だった。リーガの優勝争いはまだ続くと分かっていたからだろう。

 マドリーにとってはこれからの戦いが重要になってくる。まずはドルトムント戦(チャンピオンズ・リーグ準々決勝)でいいプレーを見せ、ベスト4進出を決めたいところだ。

 今回のクラシコは、リーガが魅力的だということを世界に示した試合でもあるだろう。クラシコは世界を虜にした。バルサ、アトレティコ、マドリーと3チームが僅差で優勝を争っている点も魅力的だ。バイエルンを誰も抑えられないブンデスリーガとは比較にならない。ドイツでは毎試合スタジアムは満員になるかもしれないが、タイトルレースのスペクタクルはそこにはない。フランスではパリSGが、イタリアではユベントスが、そしてプレミアではチェルシー(とマンチェスター・シティ)が抜けつつある。覇権の行方が最後まで分からないドキドキとワクワクが、今シーズンのリーガにはあるのだ。

【記者】
Pablo POLO|MARCA
パブロ・ポロ/マルカ
スペイン最大のスポーツ紙『マルカ』でレアル・マドリー番を務める敏腕記者。フランス語を操り、フランスやアフリカ系の選手とも親密な関係を築いている。アトレティコ番の経験もあり、首都の2大クラブに明るい。

【翻訳】
豊福晋
【関連記事】
【移籍市場超速報】逸材イトゥルベに、R・マドリーも興味
【移籍市場超速報】R・マドリーとチェルシーがサウサンプトンの主力に触手
【番記者通信】熱気が高まる格別なクラシコ|R・マドリー
【移籍市場超速報】R・マドリーがマンジュキッチとギュンドアンに興味
【番記者通信】バルサとの差を埋め、笑顔で迎えるクラシコ|R・マドリー

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ