【J1採点&寸評】浦和 2-2 大宮|展開は大宮が「劇的」、内容は浦和が「上」。MOMは泥臭さをもたらしたアウトサイダー

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2017年08月05日

浦和――またも痛恨のワンプレーで失点に絡んだ遠藤に最低点。

警告=浦和:なし 大宮:マテウス(75分)
退場=なし
【MAN OF THE MATCH】菊池大介(浦和)

画像を見る

  [J1リーグ・20節]浦和 2-2 大宮/8月5日(日)/埼玉

【チーム採点・寸評】
浦和 5.5
 堀監督が抜擢した菊池やズラタンは奮闘したものの、2度のリードを守り切れず、新体制初勝利はおあずけに。勝利を目前に喫した2失点目は、誰が誰につくのかが徹底されず、その時間帯はラインがかなり引きすぎていた。もっと細部まで突き詰めたい。
 
 それにしても、相手が徹底的に守備を固めているとはいえ、アディショナルタイムに、柏木や阿部が相変わらずバックパスをし続ける姿勢にはガッカリさせられた。スタジアムのテンションも一気に下がってしまった。

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 5.5
立ち上がりの大宮の幾重にも襲ってくるサイドアタックに動揺することなく対応した。しかし、2失点目は西川であれば防げたはず。ラインを高く設定するなど未然の対策もできたはずだ。

DF 
46 森脇良太 6
これまでよりも中央寄りにリトリートして守備をしつつ、攻撃時はこれまでどおり右サイドの高めの位置に上がり、ギャップを突いた。カバーすべきスペースが増えたと言えたが、むしろ守備と攻撃のメリハリがより利いて、プレーの好循環を生んでいた。

6 遠藤 航 5
試合3日前に足を傷めたため出場が危ぶまれたが、リベロで先発。まず目の前の相手をしっかり潰すという姿勢が伝わってきて、球際への“積極的なディフェンス”が光った。それだけに、ボールから目を切らした失点シーンは痛恨。ドルトムント戦に続く、失点につながる凡ミス。単純ミスでは済まさず、突き詰めたい。2失点目も身体を寄せ切れず。プラス面とマイナス面を差し引いて「5」にした。

3 宇賀神友弥 5
21分にCKのこぼれ球に合わせ強烈なミドルを放ったが、加藤の好セーブに阻まれる。続けて放った左足のショットから、PKをもたらした。序盤の再三にわたる奥井のオーバーラップに苦しみながら持ち堪え、流れをもたらした点も評価したい。失点のFKは、もっとも基本的と言えるアイコンタクトや声の重要性を改めて思い知らされた。あのミスがなく勝てていれば「6.5」以上だった。

【浦和 2-2 大宮 PHOTO】浦和が二度リードするも埼玉ダービーは決着付かずのドロー
【関連記事】
【浦和】目を疑った「アイコンタクト失敗」。一体どっちが悪い?
異例コーチ陣わずか3人! 大ベテラン平川が語った、今、浦和のためにできること
大宮戦電撃デビューも!?浦和の新助っ人マウリシオが合流「武器はスピード」
【浦和×済州暴行騒動】韓国の選手団に襲われかかった槙野智章、「考えられない」
【大宮】マルセロ&カウエが低迷打破の“救世主”に?|新助っ人インタビュー

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ