• トップ
  • ニュース一覧
  • 【U-20】「お前は周りが見えてない」と言われ続けた遠藤渓太に自信と気付きを与えたワンプレーとは?

【U-20】「お前は周りが見えてない」と言われ続けた遠藤渓太に自信と気付きを与えたワンプレーとは?

カテゴリ:日本代表

安藤隆人

2017年05月28日

「ふと顔を上げたら律の姿が見えた」

堂安の同点弾に喜びを表わす遠藤(11番)。前半には堂安の追撃弾をお膳立てした。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ついに巡って来たチャンスだった。
 
 初戦の南アフリカ戦、68分に投入されると、ドリブルから堂安律に縦パスを送り込み、堂安の決勝ゴールの起点となった。第2戦で出番は訪れなかったが、決勝トーナメント進出が懸かった大一番の第3戦のイタリア戦でスタメン出場を勝ち取った。
 

「ようやく自分にチャンスが来た」
 
 第1戦で結果を残しながらも、第2戦で一切出番が来なかった悔しさと、スタメン出場という高揚感を、遠藤はこの試合で思い切りぶつけた。
 
 開始早々の3分と7分に立て続けに失点するという、最悪の立ち上がりとなった日本だったが、この窮地を救ったのが、遠藤と堂安の素晴らしい連係だった。
 
 まずは22分、左サイドでボールを受けた遠藤のピンポイントクロスから、ゴール前のスペースに猛ダッシュで飛び込んで来た堂安が、左足でゴールに押し込む。連続失点による嫌な雰囲気を一変させるゴールとなった。
 
 このシーンで、遠藤はDFとGKの間のスペースと、そこを狙っていた堂安を間接視野で完全に捉えていた。
「自分の好きなタイミングでドリブルができて、ふと顔を上げたら律の姿が見えた。『あ、これはいける』と思って、クロスを上げました。あれは本当にいいタイミング、点と点でした」
 
 自画自賛するほど、ドンピシャのタイミングから放たれた右足クロスは、トップスピードで飛び込んだ堂安の足先にピタリ。これにはイタリア守備陣も為す術なしだった。
 
 このゴールで勢いに乗ったチームをさらに加速すべく、遠藤は直後の25分に高い位置から高速ドリブルで縦に仕掛けてファウルをもらうなど、イタリアを守勢に回らせた。そして50分、堂安のスーパーゴールが生まれた。
 
 2点のビハインドからの同点劇。本来ならばさらに遠藤はドリブルでイタリア陣内を切り裂く姿が見られるはずだった。しかし、引き分けでも2位が確定するイタリアが明らかな引き分け狙いの戦い方に切り替えたため、日本もそれに合わせてリスクを冒さない戦い方に切り替えた。
 
「最後はサッカーしていて楽しくなかったけど、あれがサッカーだと思う。もちろんもっと仕掛けたら、もっと良い経験ができたと思うし、そうしたくなるシーンもあったけど、そこは自制した」と、遠藤も本来なら間違いなく仕掛けるような場面でバックパスを選択するなど、フォア・ザ・チームのプレーを全うし、決勝トーナメント進出に必要だった勝点1を獲得した。
【関連記事】
【U-20W杯で考える】殴られて初めて目が覚める日本… 立ち上がりの弱さが意味するものとは
【U-20】FIFA公式サイトが堂安律を称賛「スペシャル」「華麗な足さばき」「暗闇に光を灯した」
【日本2-2イタリア|採点&寸評】“ドッピエッタ”の堂安がMOM!初先発の遠藤、杉岡も躍動
【U-20】世界に打電された「DOAN」~各国メディアはイタリア戦をどう報じたのか
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ