【J1採点&寸評】新潟×浦和|浦和が大量6ゴールで復活の兆し。MOMは得点ランク首位のエース

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2017年05月14日

新潟――GKの大谷をはじめ守備陣を厳しく評価。

【警告】新潟=小泉(36分) 浦和=駒井(78分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】興梠慎三(浦和)

画像を見る

[J1・11節]新潟1-6浦和/5月14日(日)/デンカS
 
【チーム採点・寸評】
新潟 4.5
守備時には5バックに変わるシステムも、相手のサイドチェンジに揺さぶられ中央の対応が散漫に。開始2分に挙げたリードを易々と返され、前半のうちに5失点を喫し、勢いを失った。

【新潟 1-6 浦和PHOTO】浦和の攻撃に為す術なく新潟がホームで大敗
 
【新潟|採点・寸評】
GK
1 大谷幸輝 4
手の届くシュートも止めきれず、大量6失点。CKをキャッチングミスし、足もとに落とすなど不安定さが目立った。
 
DF
2 大野和成 4
川口が抜かれた際のカバーリングはまずまず。ただ、逆サイドからのボールへの稚拙な対応は致命的だ。足もとがばたつきビルドアップもおぼつかなかった。
 
4 ソン・ジュフン 4
クロスへの反応が遅れ、マークを外して失点に関与。試合を通して落ち着きがなく、もったいないパスミスも多かった。
 
24 川口尚紀 5
序盤は攻守のバランスをうまく保ち、オーバーラップで攻撃参加をしながらも、対面した関根を封じた。42分のシュートチャンスはせめて枠に飛ばしたかった。
 
50 富澤清太郎 4
ラインコントロールが曖昧で、相手FWを捕まえきれず。セットプレーではその高さを生かしきれなかった。
 
MF
8 小泉 慶 5.5
的確に戦況を見定め、ルーズボールを拾いカウンターを阻止。中盤での出足の素早いプレスは効いていた。
 
10 チアゴ・ガリャルド 5(76分OUT)
サイドに張るだけでなく、中央に入り込んで積極的にボールを引き出した。ただ、その後のクオリティに難があり決定的な仕事はできず、73分の渾身のシュートもクロスバーに阻まれた。
 
13 加藤 大 5.5
高精度のクロスで鈴木の先制点をアシスト。ディフェンス時には最終ラインまで下がり、運動量豊富に働いた。しかしひとりでは浦和のサイド攻撃を抑え切れず、簡単にクロスを上げさせる場面も見られた。
 
30 ロメロ・フランク 5(55分OUT)
タイトなマーキングで相手の自由を奪おうと奔走。ただその分ファウルも多く、前半30分にはエリア付近でFKを与え、失点シーンを招いた。
【関連記事】
【セルジオ越後】森脇の“侮辱的発言”問題で、僕が一番問題視しているのは…
浦和が6発大勝で首位奪回も指揮官は「良い出来ではない」と笑顔なし
【ACL】鹿島、浦和、川崎が首位通過!気になるラウンド16の対戦相手は?
【浦和】森脇が緊急謝罪会見「嘘をついて生きてきた人生ではない」
【浦和×鹿島│乱闘寸前】森脇の小笠原への「口、臭いぞ!」発言が騒動の発端?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ