【J2採点&寸評】千葉×長崎|清武が圧巻のハットトリック! 千葉の3トップを高く評価

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2017年05月13日

千葉――今季初スタメンの岡野&佐藤勇はまずまずの出来。

【警告】千葉=なし 長崎=ファンマ(18分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】清武功暉(千葉)

画像を見る

[J2 13節]千葉5-0長崎/5月13日/フクアリ
 
【チーム採点・寸評】
千葉 6.5
清武、船山の両ウイングを生かしながら縦に速いサッカーを披露。清武のハットトリックもあり、大勝を収めた。
 
【千葉|採点・寸評】
GK
23 佐藤優也 5.5
2度、クロスをクリアし損ねる不安定な出来。55分には澤田のシュートをセーブするなど、無失点には抑えたが……。
 
DF
6 山本真希 6.5
不慣れな右SBで先発。縦への突破はなかったが、正確なキックで攻撃をサポートした。後半立ち上がりには2点目の起点となった。

26 岡野 洵 6(76分OUT)
今季初先発を果たす。19歳とは思えない落ち着いた対応で長崎の攻撃を封じた。セットプレーではその高さを武器にした。
 
3 近藤直也 6(68分OUT)
特筆すべきはフィード精度の正確さ。前線の船山や清武の動きにピタリと合わせ、チャンスを演出した。
 
37 キム・ボムヨン 6
6分には左からのCKを折り返し、船山の先制ゴールをアシスト。終盤にはCBとしてもプレーした。
 
MF
14 アランダ 6.5
インサイドハーフとして縦横無尽に動き、ボールを引き出した。“守備職人”としてのイメージが強いが、この日は攻撃面で大きく貢献した。
 
7 佐藤勇人 6
アンカーとして今季初スタメン。落ち着いたボール捌きで、中盤を安定させた。球際の攻防でも負けなかった。

32 高橋壱晟 6(HT OUT)
アランダが前に出た分、佐藤勇とともに中盤でバランスを取った。それでも機を見た攻撃参加は忘れていなかった。ただ、ハーフタイムに町田と交代に。

【千葉 5-0 長崎 PHOTO】清武、自身J初のハットトリック達成!千葉が長崎に快勝!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ