バス爆破事件翌日の試合開催で批判を受けたUEFAが反論 「両クラブともに同意した」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年04月13日

「プレーしたくないという声が出ているという情報はなかった」

UEFAの判断に対しては様々な評価があるが、ピッチに立った選手がまともな正常な精神状態でなかったのは事実である。 (C) Getty Images

画像を見る

 4月11日(現地時間)、チャンピオンズ・リーグ準々決勝・第1レグでモナコと対戦する予定だったドルトムントの一団を乗せたチームバスが爆破事件に遭遇。その影響で試合は翌日に延期され、ドルトムントは2-3でホームゲームを落とした。
 
 マルク・バルトラが手術を要するほどの重傷を手首に負った他、選手たちが精神面に大きなダメージを受けたにもかかわらず、それを癒す間もなく試合を決行したUEFAに対し、多方面から批判の声が寄せられている。
 
 特に被害を受けたドルトムントは、トゥヘル監督が「空き缶のような扱いをされた」と憤れば、CBのパパスタソプーロスは「ケダモノ扱いされた」とこぼし、ギンター、シュメルツァーといった選手も事件翌日のプレーが非常に辛いものだったことを明かした。
 
 モナコのジャルディム監督やFWのファルカオですら、試合に臨むのが困難だったと語るほど、選手や関係者たちにショックを与えた事件の後、果たして24時間も経たない段階での試合開催は正しかったのか。
 
 そんななか、批判を受けたUEFAが声明を出し、「試合をいつ行なうかについては、11日の夜、ドルトムントのスタジアム内で両クラブの関係者をまじえて話し合い、いずれも翌日開催に完全に同意した」と、決して独断での決定ではなかったことを強調した。(『Omnisport』より)
 
 続けて「UEFAは翌12日にも両クラブと緊密に連絡を取り合ったが、いずれのチームからも、プレーしたくないという声が出ているという情報は伝わって来なかった」と語り、UEFAに落ち度はなかったとしている。
 
 開催にあたっては、セキュリティーに重点が置かれ、その点についてはつつがなく事は進んだようだが、UEFAは選手の精神面にもっと配慮すべきだったのではないか、という批判や論争は今後も続いていくだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ