【コラム】モウリーニョの「ラッシュフォード起用法」は正しい! 色眼鏡を外して見れば――

カテゴリ:メガクラブ

山中忍

2017年04月11日

代表という色眼鏡を外せば見えてくるモウリーニョの若手起用意識。

母親への親孝行すらも成績不振のせいで叩かれてしまったラッシュフォード(右)。モウリーニョ(左)の下で研鑽を積む19歳の俊英はプロの厳しさを学んでいる真っ最中だ。 (C) Getty Images

画像を見る

「マーカス・ラッシュフォードが母親に200万円台のローレックスをプレゼント」
 
 この行ないが大衆紙で批判的に伝えられたのは4月初めのことだ。マンチェスター・U所属の19歳のストライカーは、今シーズンのプレミアリーグで半年以上ゴールがない状態だったため、若手の「高給取り」を問題視するイングランドらしい孝行息子への非難だった。
 
 同時に監督のジョゼ・モウリーニョもメディアで叩かれた。昨シーズン終盤戦のトップチーム昇格後にいきなり8得点をマークしたラッシュフォードの今シーズンの低調は、出場機会を与えなかった新任監督にも責任があるというものだ。幾多の栄冠に輝いている名将はたしかに「育成」とは無縁の印象が強い。
 
 4月1日のWBA戦(△0-0)後には、モウリーニョが頼りない攻撃陣の1人として名指しで苦言を呈し、「自信を落としている若手には逆効果ではないか?」とも指摘された。母国産FWとしてはウェイン・ルーニー以来の大器と評される逸材が、蕾のまま腐る事態が危惧されている。
 
 だが、イングランド代表カラーの色眼鏡を外せば、モウリーニョのラッシュフォード起用意識がハッキリと見える。
 
 64分から出場した4月9日のサンダーランド戦(〇3-0)は、クラブでの今シーズン40試合目。ピッチ上で過ごした計22時間40分は、10代のプレミアリーガーでは今シーズン最高だ。そのうち22試合は先発してもいる。実際の適切な扱い方は評価されても良いはずだ。
 
 昨シーズンのトップチーム昇格は怪我人続出による偶然で、当人には何のプレッシャーもなかった。ところが、結果的な活躍を受けた今シーズンはより得点を期待されるし、地元出身となればその期待値は倍増する。つまり、「昨シーズンよりも相手ゴールが小さく見えるだろう」とするモウリーニョの懸念も一理あるのだ。
 
 事実、先発出場した10月23日のチェルシー戦(●0-4)では、ビッグゲームの雰囲気に飲まれたかのようにミスも目立った。
 
 その一戦で右アウトサイドを任されたようにCF起用が少ない点も、元イングランド代表FWであるイアン・ライトらOBたちが、ラッシュフォードの現在の環境に不安を抱く一因でもある。
 
【関連記事】
デ・ヘアはマドリー移籍へ。マンUが狙う後釜はあの18歳!
「俺は老いて生まれ、若返って死ぬ」イブラが“ズラタン節”で自画自賛
「私を追い出したのは選手ではなく背後の…」ラニエリがレスター解任の舞台裏を語る
岡崎らレスター攻撃陣はアトレティコの「驚異的な守備」を破れるか?
元オランダ代表MFの美人元妻が「ストリップ」か!? 条件は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ