Jリーガーが円陣。飢餓に苦しむ子どもに給食を贈る新団体発足! 李や柏木らが記者会見

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2017年04月04日

選手&サポーターからの寄付を、世界の子どもたちに提供。浦和の7選手が協力を呼びかける。

(左から)長澤、梅崎、関根、李、遠藤、宇賀神、柏木。浦和の7選手が協力を呼び掛けた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 プロサッカー選手中心のアスリートによる寄付団体NPO法人「SPOON FOUNDATION」の発足発表記者会見が4月4日、都内の日本記者クラブで行なわれた。
 
 記者会見には同団体のアスリートアンバサダーに任命された浦和の李忠成、遠藤航、宇賀神友弥、柏木陽介、同賛同選手の長澤和輝、梅崎司、関根貴大が参加した。今後、同団体は『SPOONサポートプロジェクト』を展開。プロサッカー選手、プロ・アマスポーツ選手からの賛助、さらにWEBを活用してファン・サポーターから募金を集め、国連WEF(国連世界食糧計画)に寄付して、世界の子どもたちに給食を提供する。
 
 アスリートアンバサダー15人、他の賛同選手100人(2017年現在)。第1号として、李がこのプログラムを通じて、昨年のルヴァンカップ決勝でMVPに輝いて獲得した賞金100万円を寄付した。
 
 発起人の李は「多くのサッカー選手の仲間たちの協力を得て、この活動をスタートできることを誇りに思う。多くの方々に感謝したい。子どもの頃から憧れていたのは、ただ単に巧いだけではなく、社会貢献を通じて夢や希望を与えられる選手。ひとりの力は小さいが、発足時点で、これほど多くの賛同を得られたことは奇跡。嬉しく思う」と語った。
 
 また、ルヴァンカップ決勝MVPの賞金を寄付したことについて、「チームのみんな、サポーター一人ひとり、そのいろんな想いの詰まった100万円。その想いが子どもたちの笑顔につながってほしいと思った」と説明。「給食があれば学校に通うことができる。将来、このプログラムから世界で活躍するサッカー選手が生まれることを楽しみにしている」と“夢”を語った。
 
 アンバサダーを務める柏木は「スポーツを通して世界の子どもたちが幸せになれると夢見て、応援したいと思った。僕たちのサッカーを通じて元気づけられると思い、活動に賛同しました」と語った。

 また、「僕も貧しかった時代を経験しているが、それよりも貧しい方たちがいる……。そういった方たちをもっと幸せにしたい、そして夢を持ってもらいたいと思い、このプロジェクトに参加させてもらいます。皆が幸せになれる世界を作っていけたら良いなと思います」とメッセージも寄せた。
 
 
【関連記事】
【浦和】「奥さんのおばあちゃんに捧げる」柏木が地元神戸で会心の2ゴール
【浦和】高木俊幸が「頭が真っ白になった」骨折から間もなく完全復活!気になる復帰時期は?
【J1採点&寸評】神戸×浦和|ミシャ采配的中の浦和が、神戸の進撃を阻む! MOMは2得点・1アシストの柏木に
【磐田×清水│舞台裏】名波監督の英断。中村俊輔「右MF」起用がもたらした効果と課題
【浦和】宇賀神に幸運なゴールをもたらした『スパッツ事件』と『ビラ配り』。「思っていた以上に、手にとってもらえず…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ