【浦和】「奥さんのおばあちゃんに捧げる」柏木が地元神戸で会心の2ゴール

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年04月01日

先制点はDFをかわし左足トゥーキック!

柏木が2得点・1アシストと、地元で大活躍を見せた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1・5節]神戸 1-3 浦和/4月1日/ノエスタ

 首位・神戸の連勝を止めたのは、神戸出身の柏木陽介だった。

【神戸 1-3 浦和 PHOTO】神戸出身の柏木が2得点・1アシストの大爆発!

 前半は、ペトロヴィッチ監督が「非常に悪い出来だった」と語ったように、浦和はボールを支配こそするものの、攻撃がスムーズに流れない。柏木も「うまくボールに触れず、もどかしさがあった」と消化不良の45分間に。

 しかし、後半に入り、徐々に攻撃にリズムが生まれ始めた浦和は61分、柏木がドリブルで中央突破。右足の切り返しでDFをかわすと、最後は韓国代表GKキム・スンギュの意表を突く左足のトゥーキックで、正確にゴール左隅にシュートを突き刺した。浦和が先制に成功する。

 さらに浦和は3分後、CKのチャンスを掴むと、キッカー柏木のクロスに遠藤航が頭で合わせ追加点。2-0とリードを広げた。

 81分に、神戸の中坂勇哉に背後を突かれ、1点を返されたものの、後半アディショナルタイムには再び柏木が躍動する。左サイドを突破した宇賀神友弥のクロスをファーサイドに回り込んでいた柏木が右足で押し込んでダメ押し。

 結局、浦和が地元神戸で躍動した背番号10の活躍で、3-1と勝利。勝点を10に伸ばした。

 試合後、柏木は「後半はチャンスが来ると信じてプレーしていたので、それがゴールにつながったと思う」と語り、「地元の神戸ということで、家族や友達もたくさん応援に来てくれたなかで点を取れたのは良かった」と笑顔を見せた。

 また、柏木は元TBSアナウンサーの夫人・渚さんの祖母が亡くなったことを打ち明け、「奥さんのおばあちゃんにもいいゴールを捧げられたかなと思います」と語った。


 
【関連記事】
因縁のFC東京×鳥栖は、終盤に計5点が生まれる壮絶ドロー。ただ、その実態は…
FC東京×鳥栖戦を彩った「美女サポーター」たちを紹介!
【J1】日程・結果
【磐田】「俊輔を獲得したのはこういうこと」。名波監督が全3点に絡んだ中村を独特の言い回しで称賛
【川崎】小林のアシストから伏兵の2得点は好材料も… 野戦病院化に拍車か

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ