【J1展望】新潟×清水|ボランチ野津田が古巣に恩返し?セットプレーが勝敗の鍵に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年03月10日

新潟――セットプレーの守備は改善が急務。

故障者/新潟=伊藤、ジャン・パトリック 清水=竹内、河井、村松、カヌ、西部
出場停止/新潟=なし 清水=なし

画像を見る

J1リーグ 第3節
アルビレックス新潟-清水エスパルス
3月11日(土)/15:30/デンカビッグスワンスタジアム

 
アルビレックス新潟
今季成績(2節終了時):11位 勝点1 0勝1分1敗 2得点・3失点

【最新チーム事情】
●前節はゲームの要所を押さえられず、神戸に競り負ける。
●途中出場の田中達也が2試合連続ゴール。
●出場停止だった矢野貴章、ロメロ・フランクが出場可能に。
 
【担当記者の視点】
 前節の神戸戦は、試合開始早々に警戒していたセットプレーからあっさり先制される苦しいスタートとなった。その後、粘り強い守備をベースに反撃のチャンスをうかがい、75分、途中出場の田中が2試合連続ゴールを挙げて追いつきながら、直後にまたもやセットプレーから失点。1-2で競り負けた。
 
 開幕の広島戦を含め、2試合で喫した3失点はいずれもセットプレーから。それも一発で合わされたのではなく、セカンドボールを拾われてから被っているだけに、守備の改善は急務だ。セットプレーの守備を考えれば、出場停止が明ける矢野貴章は、その高さで頼もしい存在になってくれそうだ。
 
 また、2試合の出場停止が解けるロメロ・フランクは、今週のトレーニングで主力組のボランチに入る場面も。出場がかなえば新潟デビューとなり、熱いプレーが期待できるだろう。
【関連記事】
【ミラン番記者】本田圭佑は「忘れられている」。監督にもメディアにもファンにも…
なぜ長谷部はドイツでコンスタントに活躍することができるのか!?
セクシー女優がナポリの選手とファンに「仰天公約」
【J1採点&寸評】神戸×新潟|神戸の渡部、高橋が移籍後初ゴール!新潟は田中が2試合連続弾を決めるも…
【J1採点&寸評】広島×清水|鄭大世が清水を初勝利に導くエースの仕事! 広島は攻撃陣が機能不全で沈黙

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ