「特例」での補強期限迫る! バルサは右SBに誰を加えるのか?

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年03月02日

外から獲得? カンテラーノを抜擢?

バルサがアレイシ・ビダルの代役候補の筆頭に挙げるデポルティボのファンフラン。攻撃力が魅力の右SBだが高額な移籍金がネックに……。(C)Rafa HUERTA

画像を見る

 2月11日に開催されたリーガ・エスパニョーラ22節のアラベス戦で右足首を脱臼し、全治5か月と診断されたバルセロナの右サイドバック、アレイシ・ビダルは、今シーズン中の復帰が絶望。そのためバルサは、リーガの特例で代わりに1人選手を獲得できる。
 
 LFP(スペイン・プロリーグ機構)へ補強希望を提出するのは、選手の負傷から20日以内。つまり、今週木曜日(現地時間3月2日)がその期限となる。
 
 特例による移籍の手順はこうだ。

 まず期限までにバルサがビダルの登録を抹消し、代役を補強するかどうかをLFPに伝える。その後、LFPの医療委員会によって補強が認可されたら、さらに15日以内の検討期間がバルサに与えられ、新戦力(リーガの選手か無所属のみ)と契約を結ぶ流れになっている。
 
 最有力候補に挙がるのは、デポルティボの右SBファンフラン。バルサのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)もすでに視察を済ませており、ウイング出身の攻撃的なSBで、ムラなく安定して力を発揮できる点を高く評価しているという。

 マラガのロベルト・ロサレスも候補の1人だが、デポルティボ、マラガともにレンタルでの移籍は望んでおらず、「バルサからの要請を受けるなら完全移籍のみ」との姿勢を崩していない。

 移籍金はファンフランが800万ユーロ(約9億6000万円)で、ロサレスが600万ユーロ(約7億2000万円)。昨夏に大型補強を敢行したバルサにとっては決して安価とは言えない額だ。ただ、2人とも市場で人気の高い選手だけに、バルサ首脳陣はここで獲っても夏にすぐ売却すれば、投資分のいくらかは回収できるだろうと踏んでいるようだ。

 いずれにしても、右SBのレギュラーを務めるセルジ・ロベルトは疲弊の色が濃く、代わりの選手は絶対不可欠だ。

 バルサBでキャプテンを務めるセルジ・パレンシア(20歳)も右SBとしてメキメキと力をつけているが、バルサ首脳陣は最終的にどのような決断を下すのか。最終期限となる3月中旬まで、彼らの動きから目が離せない。

文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ