「特例」での補強期限迫る! バルサは右SBに誰を加えるのか?

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年03月02日

外から獲得? カンテラーノを抜擢?

バルサがアレイシ・ビダルの代役候補の筆頭に挙げるデポルティボのファンフラン。攻撃力が魅力の右SBだが高額な移籍金がネックに……。(C)Rafa HUERTA

画像を見る

 2月11日に開催されたリーガ・エスパニョーラ22節のアラベス戦で右足首を脱臼し、全治5か月と診断されたバルセロナの右サイドバック、アレイシ・ビダルは、今シーズン中の復帰が絶望。そのためバルサは、リーガの特例で代わりに1人選手を獲得できる。
 
 LFP(スペイン・プロリーグ機構)へ補強希望を提出するのは、選手の負傷から20日以内。つまり、今週木曜日(現地時間3月2日)がその期限となる。
 
 特例による移籍の手順はこうだ。

 まず期限までにバルサがビダルの登録を抹消し、代役を補強するかどうかをLFPに伝える。その後、LFPの医療委員会によって補強が認可されたら、さらに15日以内の検討期間がバルサに与えられ、新戦力(リーガの選手か無所属のみ)と契約を結ぶ流れになっている。
 
 最有力候補に挙がるのは、デポルティボの右SBファンフラン。バルサのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)もすでに視察を済ませており、ウイング出身の攻撃的なSBで、ムラなく安定して力を発揮できる点を高く評価しているという。

 マラガのロベルト・ロサレスも候補の1人だが、デポルティボ、マラガともにレンタルでの移籍は望んでおらず、「バルサからの要請を受けるなら完全移籍のみ」との姿勢を崩していない。

 移籍金はファンフランが800万ユーロ(約9億6000万円)で、ロサレスが600万ユーロ(約7億2000万円)。昨夏に大型補強を敢行したバルサにとっては決して安価とは言えない額だ。ただ、2人とも市場で人気の高い選手だけに、バルサ首脳陣はここで獲っても夏にすぐ売却すれば、投資分のいくらかは回収できるだろうと踏んでいるようだ。

 いずれにしても、右SBのレギュラーを務めるセルジ・ロベルトは疲弊の色が濃く、代わりの選手は絶対不可欠だ。

 バルサBでキャプテンを務めるセルジ・パレンシア(20歳)も右SBとしてメキメキと力をつけているが、バルサ首脳陣は最終的にどのような決断を下すのか。最終期限となる3月中旬まで、彼らの動きから目が離せない。

文:ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
【小宮良之の日本サッカー兵法書】CLでの大差スコアを生み出した、パリSGの良策、バルサの愚策
チャイナ・ミラン誕生なら、イスコ&モラタ獲りに1億5千万ユーロを投資!?
リバプールの戦士だったはずでは…キャラガーが宿敵のシャツを着て“大炎上”
バルサやマンUも熱視線のドンナルンマ、代理人は去就を明言せず…イタリアの大物たちは「ミランで続けろ!」
マドリーのロゴ入りバッグを持って帰った審判…敗れたビジャレアルは疑惑の存在を窺わせる

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ