チャイナ・ミラン誕生なら、イスコ&モラタ獲りに1億5千万ユーロを投資!?

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年03月01日

失敗した場合はアグエロとA・サンチェスにターゲット変更。

先週末のビジャレアル戦では、途中出場から逆転勝利に貢献した2選手。その去就には、多くのクラブが注目している。写真は2月18日のエスパニョール戦(右がイスコ、左がモラタ) (C) Getty Images

画像を見る

 中国投資グループへのクラブ株式の売却が秒読み間近とされながら、2月28日になって取引完了の延期がイタリア各メディアから報じられたミラン。またも、先行きが不透明となった“身売り話”の結末やいかに!?
 
 そんなミランだが、来シーズンに向けての補強に関する噂も挙がっている。欧州各メディアが伝えたところによると、レアル・マドリーでスタメンの座を奪えないでいる、MFイスコとFWアルバロ・モラタに照準を絞ったという。
 
 中国投資グループは7億4千万ユーロでミランを買収し、さらに3年間で3億5千万ユーロを投じるとしているが、1年目となる今回、マドリーの逸材2人に対して1億5千万ユーロを準備するとされている。
 
 もっとも、この2選手には欧州中のビッグクラブが関心を寄せているだけに、争奪戦は厳しいものとなりそう。もし失敗した場合、ミランは矛先をイングランドに向け、セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)、アレクシス・サンチェス(アーセナル)の獲得を目指すという。
【関連記事】
「チャイナ・ミラン」の誕生に暗雲…買収取引完了が再び延期か?
アリやベジェリンなどプレミアのスターもお祝い 「パンケーキの日」って?
史上空前の○○○億円! オスカール、テベスら“爆買い”の中国勢が今冬に投じた金額は?
リバプールの戦士だったはずでは…キャラガーが宿敵のシャツを着て“大炎上”
【小宮良之の日本サッカー兵法書】CLでの大差スコアを生み出した、パリSGの良策、バルサの愚策
ルーニーが13年ぶりにエバートン復帰? クーマン監督は「歓迎する」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ